経済

日本の高齢化億万長者は自分を必須不可欠な存在だと思います。 問題です。

記事タスクの読み込み中にプレースホルダ

Nidec Corp.の創設者Shigenobu Nagamoriが77歳で再びモーターメーカーのCEOに就任しました。 ワーカーホリックであり、怠惰な若い世代を無視することで悪名高いNagamoriは残り続けることができないようです。 彼はテープレコーダー部品メーカーからハードディスク用モーターメーカーへの成長を監督しながら、3人の友人と一緒に倉庫に会社を設立しました。 現在電気自動車部品供給を拡大している。

長森は日産モーター株式会社でジュンセキを誘引し、昨年後任者に任命し、昨年最高値を記録して以来、40%も下落した株価で彼を迅速に降格させました。 長森会長は4月21日「このような時期に創業者であり、すべてを知る人として短期的に指揮を受け、成果を高める」と話した。 彼がいなかったら、会社はどうなりましたか?

それは賞賛ではありません。 市場の反応は慎重で、金曜日に株式が締め切られた。 長森が以前に日産のもう一つの役員だった吉本博之を雇って昇進させた後、席から退いた後任者を追い出したのは今回が二度目だ。 Moody’s Corp.のアナリストは次のように述べています。

Nidecは、これらのリスクに直面した唯一の日本企業ではありません。 事実、このような考え方が日本の勤勉な億万長者に感染するようです。

SoftBank Group Corp.のMasayoshi Son(64歳)は、潜在的な後任者を噛んだ。 Uniqloの創設者であるTadashi Yanaiは、65歳でFast Retailing Co.から引退すると言ったことがあります。 彼は今73歳で、遅くなるシミを示していません。

株主は計画が何であるかを尋ねる権利があります。 一人で構成された組織は、その個人が離れると頻繁に急いで崩れる習慣があります。 長い間働いてきた1人の成功事例Alex Ferguson)。

確かに、長森、孫、やな(日本の五大金持ちのうち三人)に会社から退くよう求める時期は適切ではありません。 ファーストリテイリング(Fast Retailing)とソフトバンク(SoftBank)の株式はいずれも昨年ファンデミック時代最高点の半分レベルで取引されている。 ソン・フンミンは去る2月辞任するのがとても面白いと言った。 投資家は彼の喜びを共有しないかもしれません。

彼は、2016年に彼の明白な後継者として指定された元Googleの経営陣であるNikesh Aroraに手綱を渡す機会がありました。 代わりに、彼はSoftBankを通信会社からベンチャーキャピタルファンドに変えることにしました。 Aroraは最終的にPalo Alto Networks Inc.を買収し、その後株価は180%上昇してS&P 500を上回りました。

日本は、重要な人物リスクの完璧な例を見つけるために遠くから見つける必要はありません。 日本で最も有名な元CEOのカルロス・ホスンは、日産を改革した後、法的問題が発生する前にも歓迎されています。 Ghosnの突然の辞任の後、NissanとRenaultは両方とも困難を経験しました。 一方、彼は日本と現在フランスで最も手配された名簿に上がっており、私的な用途でルノーから資金を流出した容疑で逮捕令状を発給されました。

創業者が首尾よく退いた企業の例があります。 Keyence Corp.で日本の2大金持ちである Takemitsu Takizaki は、2000 年 55 歳で上層に上がって会場になりました。 それ以来、株価は1,000%以上上昇し、日本で2番目に大きい会社となりました。 会社の承継が秩序情然に行われ、現在3番目の社長になりました。 それぞれ40代を引き継ぎ、会社に新たな活力と活力を吹き込んだ。

77歳という年齢にも長森はほとんど不足していない。 彼は3年以内に関にCEOの役職を返すと述べた。 しかし、彼とは別に引退した億万長者は、本見にならなければなりません。 重要な人材リスクは日本固有です。 2025年までに、約245万の中小企業が70歳以上の所有者を持つことになり、その半数以上が後任者を決定しません。 リーダーシップは頂上の金持ちから出る時です。 退く時を知らなければなりません。

Bloomberg Opinionのこの作家と他の情報:

国境がまだ閉鎖された日本は「純粋な発明品」になる危険があります:Gearoid Reidy

オミクロンを捕まえた。 中国人は私が死ぬと思った:Shuli Ren

• 香港国外住民、次の目的地はどこですか?: Anjani Trivedi

このコラムは、編集委員会やBloomberg LPおよびその所有者の意見を必ずしも反映しているわけではありません。

Gearoid Reidyは日本を担当するBloomberg Newsシニアエディタです。 彼は以前、北アジアの速報チームを率いて東京副局長を務めた。

このようなより多くの物語は、以下で見ることができます。 bloomberg.com/opinion

READ  河野元大臣「ロシアに対する制裁は日本を守ること」

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close