トップニュース

日本の高齢者の70%以上が7月末までに予防接種予定:集計

日本で65歳以上の人口の約75%が、少なくとも一度COVID-19ワクチンを迎えた大部分が7月末までに完全ワクチン接種を受ける予定だと、政府集計が土曜日に明らかにした。

4月に開始された約3548万人の高齢者人口を予防するために開始されたこのドライブは、7月末までに、人口統計学的接種を終えるというシュガー義久に首相の目標に応じて推進力を獲得しました。

しかし、政府が十分に速く線量を分配することができないため、65歳未満の予防接種を拡大するために困難が残っています。

供給不足で、いくつかの自治体は予約受付を制限する必要があるが、企業や大学の仕事の予防接種新規申請も中断しました。

政府の集計によると、金曜日の基準老人の75.1%である2665万人が1足を迎えた。

この数値には、医療従事者など、65歳以上の予防接種を受けた人の両方が含まれていないため、政府関係者は、最初の予防接種を受けた実際の高齢者の数がより多いと述べた。

米国の製薬会社ファイザー(Pfizer Inc.)の2次ワクチンは、1次接種後3週間で接種されるので、2千6百50万人のうちのほとんどが、年末までに完全接種されることが期待される。 月。

国立感染症研究所長脇田隆治氏は、高齢者の70〜80%の予防接種を完了したら、予防接種の推進が着実に進んでいると語った。

「(コロナウイルスの場合)高齢者が最も危険です。予防接種の場所に行くのが困難な人の家を訪問するなどの手段を介して高齢者の予防接種率を約90%まで高めるために、より多くの努力を傾け勝つください。 ” ワキ多賀た。

シュガーは65歳未満の予防接種を奨励し、感染の復活に苦労している、11月までに予防接種を希望する日本のすべての対象者に対する予防接種を終える計画だと明らかにした。

シュガーの最高COVID-19顧問の近江茂は最近、インドで最初に発見された感染性が高いコロナウイルス、デルタの亜種の拡散により、40〜50代に深刻な症状を示す患者が増加することについて警告しました。

近江は40代と50代を早期に予防接種することが、今後の流行を予防するための鍵と述べた。

東京都は、土曜日に950件の新型コロナウイルスの事例を見ており、これは、21日連続一週間前記録された数を超えました。

首都は東京オリンピック期間中の月曜日から8月22日までに新しいCOVID-19緊急状態になることです。

READ  諏訪之瀬島の噴火速報分化警戒レベル3(入山統制)に引き上げ - ウェザーニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close