経済

日本の高齢者介護の経済は、インドに機会を提供しています

看護と準医療プログラムの卒業生は、日本語能力が十分であれば、多くの機会があります。

東京: 規模が400億ドルに達する日本の高齢者の療養部門は、効果的な運営のために十分な日本語能力を備えた訓練を受けた人材が多く必要になります。 一方、逸話に伝わるインドの青年失業状況が懸念されている。 したがって、日本とインドは相互補完的な関係で日本は人材が早急に必要とし、インドは、様々なカテゴリの資格を持った人材を保有しているが、日本語能力と日本経済に恒久的に配置することができる適切なパスが不足します。
日本語は特に学習難しい言語だが、インド人は与えられた時間と機会が与えられれば、どのような言語でも学ぶことができる、優れた能力を示しました。 また、インド人は、米国、欧州、中東をはじめとする多くの国で様々なポジションで働いています。 インドの看護師は、米国、ドイツ、UAEなどの保健分野で多数の人力で働いています。 インドの医師は、米国、英国、および湾岸医療システムの主流です。
何世紀にもわたっ協力を考えると、インド – 日本の政治的リスクがないということは、日本政府と産業に非常に安心され、中国で行われたのと同じ緊張がないという信頼が広がっています。 したがって看護と準医療プログラムの卒業生は、十分な日本語能力があれば、多くの機会があります。 インドに海外に行く準備ができており、喜んで働く勤勉若者がたくさんあります。 脳流出大脳流出の古い主張はすべて腐敗しました。 今日の若者たちがどこにいても有給をすることが不可欠です。 日本で仕事を開始するには、日本の病院や老人療養機関の実践のための訓練を受けるような機関や施設にアクセスする必要があります。 日本の制度の認証を受けるための科目の研修、ビザ、文化適応、語学研修、特に若い女性のための宿泊施設などがすべて準備する必要があります。 当然、看護師に必要な日本語能力は高いので、海外では、新しいことを達成することは困難です。 効率的な方法は、日本語のシステム内での介護者または補助者として働いて十分な話し言葉と書かれた日本語能力を習得することができる可能性があります。 バリューチェーンで円滑に進行するために、科学用語で。 日本のシステム内の役職は、生活費に合わせて調整された給与規模の面で湾とヨーロッパと概ね同等です。
日本の高齢化の問題は深刻である。 日本は世界で高齢者の割合が最も高く、「超高齢化」社会と呼ばれる。 日本の1億2,600万の人口のうち、約40%が60歳以上であり、28%が65歳以上であり、約3,600万人という膨大な数であり、12.5%が75歳以上です。 現在、日本に住んでいる100歳以上の人口は75,000人です。 9月20日は祝日である「パスの日」に指定されています。
時間が経つにつれて、インドも高齢化に関連する同様の問題を経験するだろう日本は、インド固有のダイナミックな構造を作るユニークで興味深い事例を提示します。 インドにはすでに60歳以上、すなわち、実用的な観点から、高齢者とみなされていない多くの国では、自分を「老人」に分類される約1億人の人々がいます。 実際にいくつかの国では、本当に高齢者になった人たちがそのように分類されることを不快に思えることができます。
日本政府は、深刻な労働力不足の問題を部分的に解決するために、定年を70歳に延長する案を検討している。 引退していない働く男性と女性が認知症をアルウル可能性が低いという最近の研究結果が有利です。
日本は現在、米国と中国に次いでGDPの面で三番目に大きい経済規模を持っており、1人当たりのGDP($ 38,000)は、中国($ 9,000)をはるかに上回っています。 1964年から施行された日本の人口配当は、2004年に終了しました。 日本は世界大戦世代(余波で子供の頃に貧困に苦しむ人々を含む)とその向こうに彼らの晩年にそれらの世話をする神聖な約束を持っています。 そして国の政府は、高齢者の療養や病院のサービスに莫大な費用を返済します。 第二次世界大戦の灰の中から抜け出した日本の負傷は、世界を驚かせた「発展途上」で抜け出そうとする国のモデルとなりました。 しかし、今日、日本が真に高齢化社会になると、多くの雇用が満たされていない。 技術は、間違いなくいくつかのギャップを埋めることができますが、ある程度まで可能です。
興味深いことに、日本はおおむね仏教国であるが(元首相大平正芳と県麻生太郎副総理兼財務相が含まれている少数のクリスチャンがある)、元のインドから中国を経てきた精神は、常に感謝しています。 韓国と日本の多くの神々は、日本語の用語を使用しますが、明らかに、インド出身です。 Acala / Achalaのように、今日のインドであまり人気のある神々でさえも、日本ではFudŌMyŌŌに崇拝され、かつての日本の僧侶たちが勉強していた中国で、インドの仏教学者VajrabodhiとAmoghavajraによって大衆化された。 7世紀。 したがって、今日の日本の基礎を学んだ熟練したインド人が簡単に適応するのは無理がありません。
日本のすべての人々は、Netaji Subhas Chandra Boseを第二次世界大戦中に日本が持つ数少ないアジアの同盟国で覚えているが、現実には、日本語の制限を含む理由で前後の時代に日本への移民がほとんど発生しなかったことです。 。 歴史的にSindhi商人たちは、日本が第二次世界大戦以前に様々なボイコットや禁輸措置に直面したとき、当時のイギリス主導の国際制裁を受けていた、日本の輸出入のための代替的な通路を設けることで、日本を助けた。
共通の遺産と歴史の共同闘争は、インド – 日本に確実プラス要因だが、まだインド人はベトナム人、中国人、バングラデシュ、スリランカ人、ネパール人と韓国人に比べて、これらの大規模な雇用機会を遅く受け付けています。 技術者のような、いくつかのカテゴリに世界最速の永住者カードを可能にするという日本の主張にもかかわらず、インドの志望層が言語の障壁を克服しても、日本のビザの障害物を通過しなければならないという要求がほとんど不可能な厳しい現実があります。 若者たちは3年間の銀行口座に数十万ルピーを預金しなければならないという要請を受けています。 インドの銀行の信用は移民のために熱心層に枯渇されたとみられ、競争国の銀行は若者たちが日本のビザの要件財政のハードルを解決するために信用を有効にするために協力しています。 インド政府は、現在、約80億ドル(インドが日本に輸出するよりも、日本から輸入した方が多い)が継続的に日本との貿易赤字を出しているので、日本との交渉に影響力を行使しています。 また、インドは、インド太平洋を自由開放的に維持しようとする任務で日本との信頼できるパートナーです。
高齢者というテーマに戻り、医師や看護師の訪問を含む家でも、政府の返済サービスが提供されます。 これで、この部門も事業不足ではなく、人材不足に危機と廃業に直面している。 また、日本は、高齢者、身体障害者や介護者の生活をより簡単にするために余分な機器を開発しました。 お客様に優しい設計のための競争することができる国はほとんどなく、インドと世界中のほとんどの日本の自動車部門が支配する重要な差別化要因であり、ベースに確認されます。
日本は、熟練した労働力、高齢者介護者、福祉サービスプロバイダ、精神的健康相談、自動車整備士などを対象とする大規模な国家免許システムを備えています。 最近、政府の国民療養保険改革により業務の効率化と透明性のために、デジタルツールの活用の構造的インセンティブが用意されています。 銀行融資の利子は、一般的に非常に低く、政府が提供する寛大であり、補助金と結合することができ、多くの企業が成長産業、すなわち、インドのような大規模な市場での拡大のために、1%未満の金利を享受しています。 したがって、日本の高齢化の問題を処理するために使用される同じプロセス、技術、システム、プロトコルは、今日、インドの活気に満ちた若い人口に依存することで、今後数年の間に、インドの人口の高齢化に関連する新たな成長のための新たな産業の機会になることができています。 しかし、専門的な方法で。 インド社会構造は変化しており、家庭環境での高齢者の世話をすることができる人が誰もいない状態で、子供と孫の両方が働いているときに専門化され、サービスが不可欠です。 インドは確かに新しい経済部門を創出し、高齢者の療養やその他の社会サービスのGDPを追加することができます。

Sunil Chaco博士は医学(ケララ)、公衆衛生(ハーバード)とMBA(コロンビア)の学位を持っています。 彼はHarvard University’s Intl。の副でした。 健康研究会(Commission on Health Research)、世界銀行グループ(World Bank Group)執行事務所で勤務し、米国、カナダ、日本、インドでの教授を務めていました。

READ  池袋事故飯塚被告「ブレーキ踏んだ鈍化なく " - 社会:日刊スポーツ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close