日本の鳥インフルエンザ危機に卵が贅沢になる

Estimated read time 1 min read

イメージソース、 ゲッティイメージ

画像キャプション、

卵は多くの日本料理の必需品です。

卵の代わりに魚で作ったオムレツが欲しいですか?

日本では記録上最悪の鳥インフルエンザの発症と戦いながら一部の人々が交換をしなければなりません。

これにより、数百万匹の鶏が殺処分され、卵が不足し、卵ベースの料理の価格が急上昇しました。 要するに卵は贅沢になっています。

卵焼きからオムライス、ラーメンにのせた半熟黄身まで、日本料理の必需品であるときに大きな問題になります。

予測するのは難しい

鳥インフルエンザとしてよく知られている鳥インフルエンザは、100年間の家禽や野生の鳥の感染症です。

しかし、世界は今最悪の発症を経験しています。 おそらく、ウイルスの突然変異が原因であると科学者たちは言います。

特に日本の打撃が大きかった。 記録的な1,700万匹の鶏や卵を産む鶏の約9%を殺す必要がありました。 ある地域の卵の売り手のデータによると、卸売卵の価格は過去1年間で70%以上急上昇しました。

中サイズの卵1kgは現在約350円(2.11ポンド; $2.62)とJAは言います。 農業協同組合中央会所属のZ-Tamago。

消費者の立場では、価格の衝撃はそれほど急ではありませんが、その影響はメニューから除外される項目に影響を与えます。

日本のマクドナルドは先月、ピークシーズンには人気のテリタマバーガーの販売を中止する必要があるかもしれないとお客様に警告しなければなりませんでした。 テリタマは照り焼きソースと卵を意味する日本語タマゴの合成語です。

マクドナルドは定期的な製品に影響を与えないように卵の供給源を多様化したが、「状況を注意深く見守っている」とスポークスマンジョナサン・クシュナーはBBCに語った。

問題は、単に国内供給が不安定であるということです。 彼は「夏と秋の状況がどうなるかを予測するのは難しい」と述べた。

イメージソース、 ゲッティイメージ

画像キャプション、

日本マクドナルド、人気テリタマバーガー販売中断警告

日本セブンイレブンも2月から約15品目の販売を中断しなければならなかった。 また、全国のお店ではサンドイッチやサラダのレシピを修正して卵を惜しんでいます。

消費者はより多くの費用を支払う必要があります。 卵黄で作られたユニークな味のマヨネーズで有名な食品会社キューピーは、今月から価格を最大21%引き上げます。

価格上昇にもかかわらず、卵価格の急騰により、今年度の純利益は47%減少すると予想している。

中小企業も縮小に乗り出しました。 去る2月カジュアルダイニングチェーンスカイラックホールディングスは卵チャーハン、パンケーキなど様々なメニューの販売を中断した。

以前はすき焼き鍋ご注文のお客様に無料で提供されていた和風水卵が、今1個あたり55円です。

今週、帝国データバンク(Teikoku Databank)が100の飲食店を調査した結果、日本に上場した外食業者の約28%がメニューの一部を中断したり、中断を考慮できることが分かった。

同社は、鶏の大量屠殺を考えると、近い将来、日本の卵供給が「正常化」するとは予想していないと付け加えた。

食料安全保障の専門家はまた、価格の圧力が近い将来にも続くだろうと述べています。

ノリンチュキン研究所の北原勝彦先輩研究者は、鳥インフルエンザの発症は、スムーズなシミが見られず、生産量が完全に回復しないようだと述べた。

彼はBBCとのインタビューで、「高い飼料価格のために一部の農場が廃業すると予想される」と述べた。

それで、それは代替品を探しているレストランや家庭のシェフの急増につながりました。 たとえば、巨大なシーフード企業であるNissui Corporationは、アラスカの名誉でたまごやき(和風ロールオムレツ)を作ります。

2022年下半期から発売されたこの製品は、卵アレルギーのある消費者のニーズを満たすために開発された。

同社のスポークスマンであるテツヤ・リダは、BBCに「大量販売製品」になったことがないと述べた。

しかし、彼らは今年のスーパーマーケット出荷量が5倍増加したのを見ました。

イメージソース、 ゲッティイメージ

画像キャプション、

卵の代替品の生産者は、実際の製品の不足で今年の需要が急増したと述べています。

リダ氏はBBCとのインタビューで「現在、我々は積極的な営業活動をしている」と話した。 彼は絶対販売量の公開を拒否した。

一方、地元の食品会社である2foodsは、先月にんじんやカネリニ豆のような野菜で作られた卵の代替品を特徴とする日本の人気の快適な食べ物であるオムライスの植物ベースバージョンを発表しました。

Ever Eggと呼ばれる卵の代替品は、2foodsと日本の食品製造大企業Kagomeの間の共同開発です。

2foodsはBBCに最近数ヶ月間、小売店やレストランからEver Eggについてのより多くの質問を受けたが、具体的な数値開示を拒否したと述べた。

「それだけ [current] 世界的な鳥インフルエンザの流行は深刻な社会的問題です。 2foodsの鳥居哲也(Tetsuya Torii)は「日本の消費者が卵の代替品に注目して気になる」と話した。

その需要は、人々が貴重な商品をどこで得ることができるかについて冗談を言うほどです。

「私たちは世界初の卵栽培に成功しました!…刺激的な草の味は中毒性があります。」 冗談でTwitterに投稿しましたが、おそらく卵不足がどれほど国家的な懸念になったかを反映しているようです。

READ  iPhone12 Pro Maxユーザーは秋に要注意! テストで発見 - iPhone Mania
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours