日本の4月貿易赤字は円安で8%近く拡大した。

1 min read

円安が輸入価値を高め、輸出増加による利益を相殺し、日本の4月貿易赤字が前年同期比約8%拡大したと水曜日、政府資料が明らかにした。

輸出は計8兆9800億円(570億ドル)、輸入は総9兆4000億円で前年より8.3%増加したと財務省が明らかにした。 今月の貿易赤字は4625億円で、前年同期比7.6%増加した。

残りのアジア地域、米国、中東への出荷は急激に増加したが、ヨーロッパへの輸出は停滞している。 米国からの輸入は1年前よりほぼ30%増加し、石油とガスを中心とした中東からの輸入は15%増加しました。

自動車輸出は24%、電気機械輸出は16%増加した。 自動車部品とコンピュータチップの需要が増え、機械部品の輸入も急増した。 日本の自動車生産は、世界のサプライチェーンに影響を及ぼした感染症のために中断された後に回復しています。

円に比べてドルの高まりが続いて輸入も大きく増えた。 ドル価値は最近1年前に139円から上昇した約156円で取引されており、かつて160円まで上がりました。

円安は日本の海外購入費用がより高価だが、トヨタ自動車のような大企業が円に換算した海外収益の価値は高くなる。

4月の石油および天然ガスの輸入は前年同期比23%以上増加し、食品および製造業の投入物の輸入も増加しました。

円安の原因の一つは、ベンチマークがまだゼロをほぼ上回る日本の低金利です。 これは、日本銀行(BOJ)が低迷した経済を維持し、融資を促進するためにとった政策です。

米国はインフレを抑えるために金利を引き上げた。 ドル投資に対する高い利回りにより、ドル価値は他の通貨に比べて高まった。

READ  日本の管理者が安全認証スキャンダルに関してトヨタ本社を調査しました。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours