理科

日本の – イスラエルのスタートアップ、月に酸素を作るために協力 – Science&Tech

日本とイスラエルのスタートアップ最近の月に酸素を生成する実験プロジェクトに協力することに合意した。 このプロジェクトは、将来の地球とは無関係の長期月探査を可能にすることができる潜在的な技術です。

このプロジェクトでは、イスラエルのHeliosプロジェクトは、高温での月の土壌を溶解、電気分解して酸素を抽出する実証テストを実行します。 日本のIspaceは2023年から2025年の間に2回の実験装置を引き渡す予定だ。

ハカマダ武Ispace CEOは先月テルアビブの日本大使館で開かれた覚書締結式 “我々は彼らの技術に非常に興奮しており、このような努力は、より多くのプレイヤーがこの市場に参入するように刺激することを信じる」と語った。 東京で。

「私たちは、月探査の共同の関心について協力することができるより多くの機会があることを願って」とHakamadaが付け加えました。

イベントに参加した後、ヘリオスのCEOであるジョナサンがテープのみ(Jonathan Geifman)は、月の土壌から酸素を抽出することは、人類が未来に月に活動するために非常に重要であると言いました。

イスラエルの宇宙当局によると、この協定は、宇宙開発の分野で民間企業が初めて日本 – イスラエルの協力を締結したものです。

Heliosは、Webサイトからの月のコロニーの住民が「地に住むことができるよう、「するために、鉄、アルミニウム、ケイ素のような金属と酸素を抽出するために月の土壌を処理することができる原子炉を開発していると明らかにした。 火星の土壌を処理するために原子炉も開発中です。

イスラエルの会社は、1トンの月の土壌から250kgの酸素が除去されると予想されます。

2023年にIspaceは日本航空宇宙探査局を含む顧客のための機器を運ぶために、正式にSpace Exploration Technologiesとして知られているSpaceXが作成されたロケットに乗って米国で月着陸船を発射します。 しかし、同社はHelios装置が含まれるかどうかを確認していないと言いました。

Ispaceは、NASAの月探査プログラムの一環として、月面からのサンプルを収集するために、米国航空宇宙局(National Aeronautics and Space Administration)が選択した会社の一つです。 日本の民間企業で初めて月に着陸することを目的としており、2022年と2023年に2つの着陸を発射することを目的としている。

READ  太陽系外惑星の材料を特定するための新しい観測技術提案壊れていく惑星から流れ出る汚れの色を宇宙望遠鏡の組み合わせで見る| ハイテクニュース| 東京工業大学

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close