トップニュース

日本の – オーストラリア、台湾と安保交渉開始

日本とオーストラリアの外務大臣は、中国の主張が高まっている中、台湾海峡の平和と安定が最もよい可能性がある中で、地域の問題の安保結束と協力を深化する方法について水曜日オンライン協議を開始しました。

「2プラス2」会議で両国は、中国が同南シナ海で軍事力が増加しており、最近に制定された、中国の法律に基づいて沿岸警備隊が海上で外国船舶を発射することができないという懸念を共有することが予想されます。 中国が自分の領土であると考えないと、日本の管理は言った。

茂木豊島みつ、日本外相(パーR)と岸信夫国防長官(R第二の)が2021年6月9日、オーストラリア外務省でオーストラリア外務省マリスペイン(パーL)とピーターダットンとオンライン会話をしている。 プールの写真)(教徒)

茂木豊島みつ外相とキシ信夫国防長官が会談で、日本を代表して、オーストラリア側マリスペインとピーターダットンが日本を代表します。

台湾問題は、日本が最近、米国と欧州連合と一緒に彼らの指導者の会談で、台湾海峡の平和と安定の重要性を確認した後に注目を集めています。

中国は民主的自治的な島を、必要に応じ武力で本土と再会する裏切り巻とみなされます。

4人の大臣はまた、日本の自衛隊が非戦闘状況では、オーストラリアの軍事資産を保護することができるように調整について議論すると、管理者は語った。

両国は、中国の台頭に伴う境界と監視活動を強化するための努力の一環として、昨年10月に国防長官会談で合意に基づいて、これらの調整を開始しました。

2016年に新安保法が発効され、外国軍に属している武器や装備の自衛隊保護が可能になりました。 オーストラリアは日本が法に基づいて資産を保護することができる米国に続いて二番目の国になります。

日本の自衛隊の海外活動は、日本の戦争放棄の憲法に基づいて厳格に制限されます。

外相と国防長官はまた、重要な物質のサプライチェーンを維持するために軍隊と協力の間の共同訓練を促進するための二国間協定を議論することが予想されると、管理者は語った。

READ  規模7.1の地震が日本を揺るがし地滑りと停電を引き起こした。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close