トップニュース

日本の – オーストラリアの緑水素サプライチェーンの可能性の研究

この研究では、最新の水素輸送と貯蔵技術の一つであるメチルシクロヘキサン(MCH)の使用を探索し、既存のインフラストラクチャと輸送オプションを使用することができ、サプライチェーンに沿って入力する必要格差を調査します。

ENEOSはすでに日本に独自の輸入ターミナルだけでなく、輸出に使用される、独自のタンカー、貯蔵タンクと精製所を保有しています。 同社は、水素サプライチェーンの発展に伴い、これらの施設を使用すると期待して、 クイーンズランド州政府によると、

声明の中で、ENEOSはすでにオーストラリアのOrigin Energyと研究を行うことに合意したと明らかにした。 両社は、日本のグリーンイノベーションファンドとオーストラリアの水素ハブプロジェクトなど、政府支援の機会を模索する予定である。

日本経済産業省(METI)が2兆円(約180億ドル)の緑の技術革新基金を造成しました。 2020年 脱炭消化を促進するプロジェクトをサポートします。

Out-Lawの背後法律事務所であるPinsent MasonsのKarah Howardは、次のように言いました。 気候変動戦略の日本とオーストラリアの約束」

READ  オーストラリア、韓国、日本、単一のゴールWC予選進出| 国の

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close