経済

日本の1月に工場の生産量が3ヶ月ぶりに増加し、小売売上高の減少| ロイター| 事業

投稿者:Daniel Leussink

東京(ロイター) – 日本の産業の生産量は、1月に3ヶ月ぶりに増加しており、これはコロナウイルス感染症を振り払ううと、経済の歓迎の信号で世界的な需要の増加のおかげである。

しかし、消費者支出の重要な指標である小売販売は大流行の消費のための緊急措置として、1月に2ヶ月連続の減少を記録した。

金曜日に発表された公式データによると、1月に工場の生産量は、電子部品や汎用機械の急激な増加と自動車生産量の減少により、4.2%増加した。

NLI研究所の首席研究員である斉藤太郎(Taro Saito)は、「メーカーは大きな衝撃がない限り、短期的に継続して生産量を増やすだろう」と述べた。

第1四半期に経済成長がマイナスになることがありますが、製造業の強みは、主にサービス部門に影響を及ぼしている、国内の緊急事態の負の影響を相殺すると彼は言った。

前月1.0%下落の後、続く生産量の増加は、ロイターのエコノミスト調査では予測した4.0%の増加と大きく一致しました。 経済産業省(METI)が調査したメーカーは、2月に生産量が2.1%増加し、3月に6.1%減少すると予想しています。

政府は、工業生産の評価を維持している。

11月と12月に自動車生産が反発し、世界的な需要が減少し、工場の生産量が減少したが、それ以来、技術、製造機器や電子機器の需要が流れを変えることができました。

しかし、一部のアナリストは、日本経済の回復が国内の弱い状況により、まだ邪魔になり、特にヨーロッパでCOVID-19の危機を抑制するために、全世界で取った封鎖措置が重くなることを懸念します。

政府はまた、金曜日に1月の小売売上高は1年前の同じ月に比べて2.4%減少したことを示すデータを発表したが、これはコロナウイルスが復活することにより、家具が財布のひもを強化したという信号です。

ロイターの世論調査で経済学者の2.6%下落と一致する低下は、主に一般的な商品や織物衣類支出の急激な減少のためでした。 12月には0.2%下落しました。

一ヶ月前と比べると、1月の小売売上高は、季節調整ベースで3ヶ月連続で減少し、0.5%減少しました。 しかし、減少率は過去2ヶ月よりも遅かった。

キャピタルエコノミーズの日本経済学者トムリアマスは「消費者の支出が、この四半期に前期比で約1%減少すると考えている」と述べた。

「私たちは、回復が再開されて、すぐにワクチンによって腕に注射が与えられるに応じて、今後の四半期にわたってかなり強く上昇すると予想されます。」と彼は付け加えました。

(Daniel Leussinkジャーナリスト、Sam HolmesとRichard Pullin編集)

READ  [혼다 맞추기 신형 시승]ガソリン車を選択した場合、実際に「BASIC」が非常に有益? | 応答(Response.jp)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close