経済

日本の1月の世帯出費はウイルス緊急事態のために前年比6.1%減



コロナウイルスの拡散を防ぐために保護マスクを着用した人が2021年3月3日、東京の横断歩道に沿って歩きました。 (AP Photo / Eugene Hoshiko)

TOKYO(Kyodo) –

日本の家計支出は1年前より2カ月連続減少しコロナウイルスに対して宣言された第二の緊急事態のために大幅に減少したと政府が火曜日発表した。

総務省は、2人以上の世帯の平均支出が267,760円(2,400ドル)と発表した。 12月には0.6%下落しました。

カテゴリー別国内パッケージ旅行、衣類や靴、食品を含む文化やレクリエーションへの支出の減少が全体的な減少に大きく寄与しました。

「緊急時に人々が外出を控えると、スーツとドレスのような項目への支出が減少した」とした国防部の関係者は記者団に語った。

ウイルス緊急時にバーやその他のバーの営業時間短縮も1年前より90.8%の飲酒ダイビング支出に負担になった。

1月7日、首都圏を対象に宣言して以来、11県に拡大された緊急事態は、住民の家にとどまってほしいという要請と、レストラン、バー、デパート、エンターテイメント施設などのサービスプロバイダの運営中断を伴います。 の時間。

しかし、衣服や靴など品目の減少は、最初の宣言に基づいて措置がより厳密なり、全国的に学校がドアを閉め、多くの企業が一時的にドアを閉めるなど、最初の緊急事態が宣言された4月より少なかった関係者は語った。

メンズの支出は、前年1月に比べて42.2%減少したのに対し、4月には79.9%減少した。 学生定期券の支出は4月の88.1%に比べて、1月に33.0%減少しました。

この関係者は、「お年玉」子供のための新年の贈り物を含むその他の支出は、ウイルス感染の復活に新年の連休期間中、故郷に帰ることを自制する人々が多かったので10.9%減少したと発表した。

しかし、緊急宣言にエアコン、空気清浄機、洗濯機などの在宅生活の需要が急増し、家具や生活用品部門の支出が前年比17.3%増加した。

一方、1月の季節調整の支出は、実質ベースで前月比7.3%減少し、2000年2月の比較可能なデータが公開された後、三番目に大きい減少を記録した。 12月には前月比0.2%増加した。

レポート月に2人以上の給与世帯の月平均所得は前年比2.5%減の469,254円で2カ月連続下落した。

家計支出は、日本の国内総生産の半分以上を占める民間消費の重要な指標です。

READ  Bill Emmott:Post-Brexit英国はパートナーシップの構築で、日本の主導に従うことができます。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close