日本の1月の消費者インフレは2.0%に鈍化しました。

Estimated read time 1 min read

日本のコアインフレは、賃金引き上げによる持続可能な物価引き上げに対する政策立案者の信頼が高まったにもかかわらず、1月にさらに緩和され、日本銀行(BoJ)の目標と一致する2.0%で、火曜日の政府資料に現れました。 。

ボラティリティの高い新鮮食品を除く全国の核心消費者物価指数の上昇率は、12月の2.3%上昇から3ヶ月連続で鈍化した。 。

それにもかかわらず、綿密に観察されたインフレデータは、インフレの重要な指標がほぼ2年で初めてBOJ目標を下回ると予測した経済学者の予想よりも強いことを示しました。

上田一雄BOJガバナーは先週、物価上昇が商品サービス部門に広がり、根本的なインフレが回復し始めたと述べた。 彼は日本が「デフレではなくインフレ状態」にあると議会に語った。

総務省によると、新鮮食品とエネルギーを除くコアコアCPIは基礎物価傾向を反映したものと見られ、先月前年同期比3.5%上昇した。

CPIの最大の障害は、政府が石油卸売業者への補助金を通じて家具の公費を減らすにつれて、エネルギー価格が12.1%下落したことです。

しかし、食品価格は5.9%上がり、CPIの主な要因の一つである宿泊費は26.9%上がった。


関連プレス:

FOCUS:現在、世界4位の経済局である日本は、低成長を逆転させるための急な道を歩いています。

日経指数、2日連続史上最高値締め切り

ドル、米国の価格データから11月以降初めて150円まで上昇


READ  気温急落が予想され、健康の懸念が大きくなります。
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours