理科

日本の10年のがん生存率59.4%

2008年に日本では、がんの診断を受けた人の10年生存率は59.4%と、国立がんセンターは、火曜日の調査報告書で明らかにした。

NCCは238,000人の癌患者を対象に実施した10年生存率の最初の大規模な調査であった。

NCCの関係者は、「大規模な調査を行い、全国(がんの生存率)全体を把握することができた」と語った。

この関係者は「一部の種類のがん患者の生存率が病気の診断を受けた後、5年以上の減少に伴い、長期追跡観察の必要性を示唆した」と付け加えた。

10年生存率は、他の原因で死亡した人のデータを除いて、全国240の医療機関の237,892人の癌患者のデータに基づいて計算された。

生存率は、前立腺癌98.7%、乳がん87.5%、社発がん67.2%、胃癌66%、肺がん34.5%、肝癌21.8%であった。 早期発見が難しい膵臓癌の場合、6.5%で最も低かった。

今回の調査によると、肝臓がん患者の生存率は5年生存率は、がんの回復を決定する基準として広く使用されているにもかかわらず、病気の診断を受けた後、5年後も減少を続けていることに気づいた。

この調査はまた、進行乳癌患者の生存率が5年しきい値以来わずかに減少する傾向があることを示しました。

昨年NCCは、別の調査報告書で、2004年から2007年までのがんと診断された人の10年生存率が58.3%と明らかにした。 しかし、今回の調査では、全国21の医療機関で94,000人を対象にしたため、NCCは、調査の結果を簡単に比較することができず、がんの生存率が改善されたかについての判断もできないと見ている。

NCCの癌制御情報サービスセンター所長であるFumihiko Wakaoは「人々が(生存率)を参照してのみ使用することを望んでいる。 最近開発された治療を受けていない。

一方、2012年と2013年413個の医療機関でがんと診断された826,380人の5年生存率は67.3%に改善傾向を示しています。

NCCは、火曜日に、がんの種類、性別、年齢を入力して、5年生存率を確認できる新しいシステムを発売した。

NCCは、医療技術が日々改善されており、生存率は参照用と言います。 新しいサービスは、次の中からアクセスすることができます。 https://hbcr-survival.ganjoho.jp/

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  医師は、日本での多言語遠隔医療サービスへの言語の壁を崩している

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close