トップニュース

日本の10年債利回りは、米国の下落に続き、中国の懸念に重量を乗せる。

東京、10月4日(ロイター) – 月曜日、日本の10年債利回りが下落して米国債の利回りが下落した一方、日本の株式安は、安全資産の需要が増加しました。

国債10年物利回りは0.5bp下落0.045%、JGB 10年物の贈り物は0.04ポイント上昇した151.61%を記録した。

トレーダーがポジションを調整しながら、8月に米国の消費者支出が予想以上に多く増加したことを示して肯定的な経済指標にもかかわらず、10年米国債利回りは先週の取引終了時に下落しました。

月曜日、日本の株式市場は、中国エバーグランデ負債危機への懸念がウォールストリートの高から今週までの肯定的な信号を凌駕し、6営業日連続の下落しました。

国債20年物は0.425%で変動がなかったし、JGB 30年物は0.665%で1bp上昇した。

JGB 40年債金利も0.75%に1bp上昇した。

2年物国債は取引されておらず、収益率は-0.124%にとどまり、5年物利回りは-0.1%で変動がなかった。 (東京市場のチームを見て、Barbara Lewis編集)

READ  国内2860人、東京708人の感染重病患者最多659人 - 新型コロナ - 時事通信ニュース

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close