トップニュース

日本の10年満期国債利回りは米国金利引き上げベット、ウクライナ緊張に報じる

東京、1月25日(ロイター) – 火曜日、日本の10年満期国債収益率はウクライナ事態に対する懸念とこの日遅く始まる米連邦政策会の中に変動がなかった。

国債10年物の収益率は0.135%と保合税を見せ、国債20年物は取引されず0.525%に留まった。

日本国債40年物収益率は、満期が同じ債券オークションで多少堅調な結果を見せた後、0.5bp上昇した0.765%を記録しました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

今回のオークションは、売却された有価証券の2.57倍に達する入札を受け、以前のオークションの2.37倍に達するビーズカバー率(bid-cover ratio)より高かった。

JGB 30年物金利は0.5bp上がった0.725%を記録した。

2年物JGBの利回りはマイナス0.070%にとどまった。

5年満期債券は取引されず、収益率はマイナス0.030%と表示された。

ベンチマーク10年のJGB先物は151で0.07ポイント上昇し、取引量は14,846ラットです。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

東京市場チームの報告

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  町の地図と一緒に「社会的距離」の傘を貸して、日本の人気温泉リゾート

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close