経済

日本の100兆円暗号通貨市場は、厳しい上場規則を緩和することができます

日本のほぼ1兆ドル(114兆円)に達する暗号通貨取引市場を管轄する機構がデジタルトークンを容易に上場できるようにする方案を考慮していると、この問題について知っている人々が言いました。 これはCoinbase Global Inc.

業界の自律規制機関が検討している新しい規則によれば、暗号通貨取引所は、長い審査プロセスなしに一度​​に12個以上のコインを上場できるようになると匿名を要求した人々が私的審議を議論していると述べました。 最近までトークン上場は6ヶ月以上の審査を経なければならなかった。

人々によると、既存のシステムはより多様なトークンを提供し、新規参入者が市場シェアを獲得するのを困難にします。 8月に現地法人を通じて日本で取引サービスを開始したコインベースは、米国で100個以上のコインを提供するのに比べ、日本で5個のコインのみを提供している。

それぞれ2012年と2016年に設立された東京ベースのCoincheck Inc.とGMO Coin Inc.は、17個のトークンがリストされ、最大の選択肢を提供します。

人々は、ルールを変更するかどうかの最終的な決定が下されていないと述べた。 海外デジタルコイン上場を行う日本仮想および暗号通貨資産取引所協会の代表はコメントを拒否した。

人々によると、現在の新規上場承認手続きは、世界中で人気のある大型コインにも適用される。 一部のJVCEAメンバーは、厳しい処理が業界の成長を妨げていると文句を言ったと述べた。

人々によると、協会は9月に非公開会議で会員にトークン審査がより効率的であると述べた。 匿名を条件としたFSA関係者によると、JVCEAが自社に代わって上場を審査できるようにする金融サービス庁(Financial Services Agency)も協会に承認手続きを明確にするよう指示したという。

提案された規則によれば、取引所は原則として長いレビュープロセスを経ることなく、人気があり広く取引されているトークンをリストできると人々は言った。 日本に6カ月以上存在し、少なくとも3つの現地取引所で取引されるコインが資格になると彼らは言った。 現在、ビットコインとEtherを含む約15通貨があります。

協会はまた、日本でまだ流通していないトークンを取引所でより容易に上場できるようにすべきかどうかを議論し始めたと人々が言いました。

日本の取引所を通じた暗号通貨取引は、JVCEAデータを基準に昨年の最初の11ヶ月間に51%増加した103兆円(9,000億ドル)で、2021年全体でほぼ1兆ドルに達すると予想されます。 産業は成長し続けていますが、グローバル暗号市場では国の地位は減少しています。

世界最大の暗号通貨取引所の運営者であるBinance Holdings Ltd.は、日本の投資家が規制機関に登録せずにグローバルシステムで取引できるようにしました。 ウォッチドッグは、日本にいる人々に、彼らが取引する取引所が登録されているかどうかを確認するように繰り返し促しました。 バイナンスは現在日本市場に進出する計画がないと会社関係者は伝えた。

間違った情報とあまりに多くの情報が共存する時代に 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読すると、物語を正しく理解するのに役立ちます。

今購読

フォトギャラリー(拡大するにはクリック)

READ  日本がフライドチキンについてもっとフォークしたい理由

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close