経済

日本の11月の経常収支黒字29%の増加、3ヶ月間の増加

11月の経常収支の黒字は、エネルギー資源の価格が下落し続けながら、収入が急激に減少し、3カ月連続で前年比29.0%増加したと政府のデータが火曜日発表した。

財務省は、予備報告書で、国際貿易の最も広い尺度の一つである経常収支が1兆8800億円(180億ドル)の黒字を記録し77ヶ月連続の黒字を記録したと発表した。

レポート月に国の商品貿易収支は、前年の200億円の赤字から661億円の黒字を記録して5カ月連続の黒インクを記録した。

輸入は原油や液化天然ガス価格の下落で13.6%減少し、5兆4,420億円、輸出は鉱物燃料、鉄鋼需要の減少に3.4%減少し6.04兆円を記録した。

11月には、経常収支の黒字が10月15.7%の増加、9月に3.6%増加し、より大きく成長を見せました。 5月末、政府が4月初めに宣言したウイルスの最初の緊急事態を完全にオフにした後、経済活動が再開されることによって。

この数値は、6月89.6%下落を含む8月までの6ヶ月連続で前年比減少した。

他の主要な構成要素の11月にサービス貿易収支は、前年1,769億円の黒字に比べ1,816億円の赤字を記録し、これは、ウイルスの拡散を抑制するための厳格な旅行制限による旅行残高黒字の継続的な減少に大きく影響を受けました。 全世界に残っています。

旅行残高は、外国人の訪問者が日本で過ごす金額と日本人が海外で過ごす金額を反映します。 11月には27.6億円の黒字を記録して、前年の2,280億円から87.9%減少しました。

他国の投資による利益、利子および配当の純流れを反映した1次所得は日本の投資家の債券利子の増加に支えられ、17.8%増の1兆7千2百億円の黒字を記録した。

11月には、日本は毎日の事例が記録レベルを継続して再作成するための3番目のウイルス感染の開始を見ました。

菅義偉首相は木曜日から翌日から2月7日までに、首都圏に別の緊急事態を宣言し、経済見通しの不確実性を高めた。

この宣言は、住民が家にとどまって、レストラン、デパート、エンターテイメント施設などのサービスプロバイダに勤務時間を短縮することを要求します。

日本政府と与党筋によると、日本は、今週後半に大阪、京都、兵庫県に宣言を拡大する予定である。

誤った情報とあまりにも多くの情報の時代に 良質のジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
サブスクリプションの場合、ストーリーを正しく伝達するのに役立ちます。

今予約購読してください

写真ギャラリー(クリックすると拡大)

READ  シュガー:G7、国際社会主導

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close