トップニュース

日本の2月機械類の注文が2ヶ月連続で減少し、成長への恐怖が加わっています。

2017年1月16日、日本の横浜富士山前工場地域が見える。 写真2017年1月16日撮影。 REUTERS/キム・ギョンフン

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

  • 2月のコアオーダー -9.8% m/m vs f’cast -1.5%
  • サービス注文-14.4%、製造注文-1.8%
  • IT企業の注文 -36.9%、2006年1月以降の最大減少
  • 投資を冷やすおそれのある高騰コスト、日本の成長

東京、4月13日(ロイター) – 2月、日本の核心機械注文がほぼ2年ぶりに最大月間減少税を記録したと公式データが水曜日公式データに明らかにした。 第二月。

このデータは、日本企業がエネルギーと原材料コストの上昇により投資を保留しているという懸念に加えて、世界3位の経済がファンデミック以前のレベルに回復しようとするにつれて、経済成長速度への恐れを負わせています。

大和証券のコタ鈴木エコノミストは「企業は原材料価格インフレによるコスト急増に懸念している。これにより資本支出が鈍化する危険が大きい」と話した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

今後6~9ヶ月間、資本支出の変動性が大きい先行指標である核心機械注文は2月に前月より9.8%減少したと内閣府データが水曜日に示した。

これは、ロイター世論調査で、エコノミストが予測した1.5%減少と1月の2.0%減少よりはるかに大きいものであり、政府は回復が遅れていると言いながら機械注文評価を下方修正しました。

船舶および電気ユーティリティを除く非製造業者の主要注文は、2006年1月以来、最大の下落幅である情報技術サービス会社の注文が36.9%減少し、2月に14.4%減少しました。

政府関係者はブリーフィングで「情報サービス部門は昨年10月からITシステム用コンピュータとデータセンター設備用コンピュータを攻撃的に購入してきて、その動きが停滞したようだ」と話した。

水戸証券の上野康成首席市場エコノミストは「非製造業者全般にわたって弱気を強調した驚くほど混合された結果」と話した。

製造業者の注文は、化学およびその他の材料産業の弱い需要のため、1.8%減少しました。 電気機械メーカーの半導体機器投資の拡大で受注額は13.8%増えた。

データによると、前年同期に比べて2月のコア注文は4.3%増加し、これはエコノミストが予想した14.5%増加よりもはるかに弱いことを示しています。

SMBC日光証券のミヤマエコヤ選任エコノミストは「3月以降、企業はウクライナ危機による世界経済の鈍化と原材料ラリーのためにさらに慎重になり、機械注文を減らすことができる」と話した。

日本銀行(Bank of Japan)が今月実施したアンケート調査によると、供給支障と生産コストの急増により、日本企業の信頼がほぼ2年ぶりに初めて第1四半期に悪化しました。 もっと読む

日本の主要企業の管理者は、ウクライナの危機や商品インフレへの影響などの不確実性のために、短期回復の見通しができるだけ緩やかになると予想したと、ロイターは水曜日に世論調査で明らかにした。

経済学者は、家計と企業へのインフレ圧力が高まるにつれて、日本の成長率の見通しを下方修正しました。 もっと読む

Norinchukin Research InstituteのチーフエコノミストであるTakeshi Minamiは、「4〜6月の消費回復は、エネルギーと食品価格の上昇によって予想ほど強くない可能性がある」と述べた。 「企業も支出を制限できます。」

(このストーリーは、テキストサマリーポイントに欠落しているパーセント記号を挿入するように変更されます。)

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

小宮関太郎の報告。 Shri NavaratnamとRichard Pullinによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  Internet Initiative Japanは、新しいクラウドネットワークサービスのためのシームレスで安全な経験を可能にするためにジュニパーネットワークス仮想ファイアウォールを選択

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close