トップニュース

日本の2021年を苦しめる5兆ドル規模のモンスター

日銀総裁の黒田晴彦(Haruhiko Kuroda)は史上最大の嫌がらせを防ぐことができます。

2013年からKurodaは、中央銀行の貸借対照表の前例のない拡張を監督しました。 2018年末までに サイズを突破 日本の5兆ドルの経済の一部であり、それ以来のみ成長しました。 これらの埋め込みのほとんどが債券であったがBOJはまた熱烈な熱意をもって交換取引ファンドを通じて株式を蓄積しました。

2020年だけでKurodaのチームはETF保有650億ドルを追加して、BOJ Japanの投資を「クジラ」にしました。 これは2013年に380億ドルから増加しています。

しかし、5月に – そして、ここに大きな冗談が来る – BOJはEFTの保持を追加せずに、月全体を送ったが、これは8年ぶりに30日止めた。 それは多くの投資家がKurodaが突然株式のBOJサポートを引き出すことについて真剣であると信じています。

日本のCovid-19の回復が残り、先進国よりも遅れており、おそらくかなり遅いため、賭けないでください。

それほど 円6%下落 米国ドルと比較すると、すべてのデータセットだけでなく、話を聞かせてくれます。 北米と欧州が安定して、適切な成長を遂げる開始することにより、日本の低迷を裏付ける勢力はまだ否定的です。 小売販売、工業生産、賃金やビジネスの信頼性は、日本が2023年までに、コロナ19以前の水準に戻らないだろうと多くの経済学者が確信しました。

中国は今そのようにしているが後発国は、一般的に2022年反発を見ています。 日本の復興がまだ2年という事実がインフレ期待に影響を及ぼしています。 米国およびその他の上位経済国が消費者物価上昇に備えながら、日本は再び赤字国に向かっています。

4月に中核消費者価格は 9ヶ月連続で。 前年比0.1%の減少は、ほぼすべての場所の傾向と著しく合わなかった。 円は10個のグループ通話の中で最も実績が良くない理由を説明するのに役立ちます。 また、連邦準備銀行がワシントンでもBOJが近いうちに「テーパー」されていない理由も説明します。

したがってBOJのETFの保有は同僚に教訓を提供する方法で、ここにとどまっています。

黒田がBOJ本部に到着したとき、中央銀行は、すでに12年の間に量的緩和のために努力していました。 14、BOJが金利をゼロに下げる最初の主要な通貨機関がされた時期の話なら。 Kurodaは努力を大幅に増やしました。 まず、彼は国債市場を主導しました。 その後、株式市場。

しかし、国営機関のこれらのすべてのサポートは、株式市場のダイナミクスを歪曲しています。 2月にBOJのETF保有指数の増加は、同じ週日経225株価が 3年高。 その利益は、ミャンマーの年間国内総生産の二倍以上です。

もちろん問題はBOJが効果的に閉じ込められているということです。 債券市場からの撤退をしようとすると収率は、ほぼ確実に高くなることです。 東京のGDP比負債比率250%をやや管理することができる唯一の要因は、0.06%の10年金利です。 信用は、本質的に 空の、日本は赤字支出を通じて成長をサポートします。

東京が一種の貨幣フランケンシュタインを作ったと言うことはできません。 BOJが注意しないと、このモンスターは制御不能の状態に戻り、創造を傷つけることです。

ジェローム・パウエル、FRB総裁も似たような状況に置かれています。 彼は無数の資産クラスを押し通すことが一つであることをすぐに知ることになります。 出ることは全く別のものです。 パウエルがますます細くなろうとすると政治家、企業のCEO、銀行、投資家の両方抗議します。

これまで継続される強力な売りは取り消すことができます。 コロナ19以降 どこでも回復します。 FRBはこの流動性を隠しているというヒントは、おそらく円下落を加速します。

円のヘッジファンドベットは2019年初め以来の高水準にあります。 いくつかの否定的な要因は、買収のために、日本で流出される現金を反映します。 M&Aを含む海外直接投資は、1年前より1〜3月にはほぼ30%増加した。

しかし、そのほとんどは、日本の回復が2年も通過という恐怖を反映します。 最近、日本の良いニュースも悪い傾向がある。 適切な事例:経済は 3.9%だけ減少 第1四半期には5.1%の収縮の初期推定値よりも優れています。

オックスフォード・エコノミクスのMakoto Tsuchiyaは「私たちは、拡張された制限のために、経済が第2四半期に、別の萎縮を経験すると期待します。 これは特にサービス部門に大きな負担となります。

一方、デフレは価格の上昇よりも、再びはるかに大きなリスクです。 日本が2021年までにビートルゴリゲされBOJの5兆ドルの残高が縮小されているよりも成長する可能性がより高いと考えるより多くの理由があります。

READ  「学者の国会「日本学術会議の6人の任命再度政府に要望に - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close