経済

日本の4月の工場の生産量の増加、小売売上高の増加

2017年1月16日、日本川崎の京浜工業団地で日没時に工場で煙が出ます。 REUTERS / Toru Hanai

日本の産業の生産量は、汎用と電気機械の生産に支えられ、4月に増加し、サインメーカーは、米国と中国での商品の食欲回復の恩恵を続けて味わいました。

世界で3番目に大きな経済は、政府が、東京や他の主要な地域でコロナウイルス緊急措置を拡大した後、以前に考えていたよりもはるかに遅い速度で、この四半期に成長すると予想されます。 もっと読む

月曜日に別のデータによると、4月の消費者支出の重要な指標である小売売上高大幅増加したことに気づいた。 これは国家がはるかに厳しいコロナウイルス抑制していた1年前に比べ有利な統計的基底効果のおかげです。

月曜日に発表された公式データによると、ユニバーサル、電気機械の生産の増加は、自動車や輸送機器の生産の減少を相殺しながら工場の生産量が前月より2.5%増加したことに気づいた。

生産量の増加は、前月の1.7%増より良かったが、半導体チップの供給の問題により、自動車生産が大幅に減少したため、ロイターが実施した経済学者の調査で4.1%増加予測よりもはるかに約ました。

経済産業省(METI)が調査したメーカーは、5月の生産量が1.7%減少した後、6月に5.0%反発すると予想した。

政府は、工業生産の評価を維持している。

工場の生産量は3月に自動車生産が急増し、経済回復が軌道に乗るのに役立ちながら驚くべき増加を記録した。

一部のアナリストは、政府が6月20日まで、東京や他の主要地域のCOVID-19緊急事態を延長して、消費者の支出に打撃を与えた後、日本経済が今回の四半期に景気後退に陥ることがあると憂慮しています。 もっと読む

昨年の低迷から脱した後、第1四半期の経済は遅いワクチン発売と感染症の再発を防ぐための反復的な緊急措置が消費に打撃を与えながら萎縮しました。 もっと読む

4月の小売売上高は、統計的基底効果により前月比12.0%増加したと月曜日政府は明らかにした。

消費者心理がコロナウイルス感染の中断を防ぐための最も最近の措置で困難を経験しながら小売販売は前月と比較して、季節調整ベースで4.5%減少しました。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  携帯料金」値下げ」より必要なこと。 両社の新たな料金と総務省「アクションプラン」【西田宗チカの額土未来]-Impress Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close