経済

日本の46%は、BOJが非常に緩和された政策を中断したいと考えています。

東京 – ほとんどの日本国民が日本銀行が超緩和通貨政策を中断しなければならないと考えていると、日経が最近の調査で知ったことによると、46%が政策を終了することを望み、36%はBOJがこのアプローチを維持することに賛成します。

中央銀行は、金曜日の2日間の政策委員会委員会の会議の後、超緩和政策を推進し続けることにしました。 BOJの長期基調は経済を支援するためのものですが、日本の低金利と米国およびヨーロッパの金利格差が拡大し、円は24年ぶりに最低水準に落ちました。

また、回答者の64%は、原材料価格の上昇と一般的に輸入製品を高価にする円安の下落による日本の最近のインフレに耐えられないと述べた。 一方、テレビ東京が週末に実施した世論調査では、29%が耐えられると述べた。

現在、インフレに耐えられないと答えた人々の53%は、BOJが超緩和政策を中断したいと考えていました。

岸田文夫首相の内閣支持率は、去る5月の調査で66%から60%に落ちた。 しかしこの割合は去る10月内閣が発足した時の59%より依然高い数値だ。 しかし、賛成しないという回答は32%で、岸田内閣の最高値を記録した。

政府のインフレ対策に反対するという回答は69%で、5月の調査より8%ポイント高くなった。 5月の28%から減少した21%だけがこの措置を承認しました。

7月10日、日本参議院総選挙を控え、執権自民党が45%で政党の中で最も高い支持率を記録した。 自民党は5月に51%の支持を得た。

日本革新党(Nippon Ishin no Kai)が8%で後に続いた。 第1野党の中道左派立憲民主党は7%で3位に上がった。 しかし、回答者の25%は特定の政党を支持しないと述べた。

日経リサーチは、金曜日から日曜日まで、18歳以上の男性と女性を対象にランダムな数字ダイヤルを用いてアンケートを実施しました。 912人が回答して42.9%の回答率を見せた。

READ  auの「コンセントに挿すだけ」ルータ、Amazon Echo販売 - 携帯電話Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close