経済

日本の5兆円投資計画はインドの雰囲気にかかっていると外交官は言った

川津圭彦(Kawazu Kunihiko) インド駐在日本副局長は、日曜日、インドで今後5年間で5兆円の投資目標は、インドの「投資雰囲気」にかかっていると述べた。

しかし、外交官は、日本とインドの関係がすべての分野で増加していると主張した。

「私たちは、インドに今後5年間で5兆円を投資するという目標をすでに発表しています。

彼は投資の大部分を誘致する可能性がある主要分野は、製造、気候変動、インフラになると付け加えた。

熊彦は「これは目標であり、我々はその数値を達成することを望んでいる。しかし、それはインドの投資の雰囲気を改善することにかかっている。 。

「投資の雰囲気」が何を意味するのかを尋ねる質問に、彼は安定したエネルギー供給、インフラの開発に対する推進力、政策の安定性がインドに資本を集めるために最も重要であると述べた。

ジュニューデリー日本大使館関係者は「インドと日本の関係は21世紀に入り、常に上昇に乗っている」とし「現在のインドに対する日本の露出額は約300億ドルに達する」と話した。

去る3月、岸田文夫(Fumio Kishida)日本首相はナレンドラ・モディ(Narendra Modi)首相とウクライナ事態をはじめとする様々な問題について議論した後、今後5年間インドに5兆円(約300億ウォン)の投資目標を発表した。 。

Kunihikoは、「開発と相互依存の自然な同盟」コンクラベで講演しながら、さまざまな開発プロジェクトについて日本の支援を受ける世界最高の2つの国は、インドとバングラデシュであると述べました。

彼は「日本はインドと隣国の自然な同盟になることを望む。私はインド政府と協力することを期待する」と付け加えた。

久日彦は、日本が強力な弱い他国に囲まれた国の覇権を好まないと強調した。

彼は「私たちは経済的自立と政治的自律性を信じている。私たちはインド・太平洋地域のリーダーになることで、インド・太平洋地域でインドと協力している」と付け加えた。

国日光はまた、外交政策よりもインドと日本の協力において、ベンガルマンと東北地域の重要性を強調した。

READ  日本、一部のプラスチック製食器類のビジネス使用制限

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close