経済

日本の5月の産業の需要の増加に粗鋼生産量42%増加

日本の鉄鋼連盟(Japan Iron and Steel Federation)が火曜日、日本鉄鋼連盟(Japan Iron and Steel Federation)によると、日本の粗鋼生産量は5月前年比42.2%増加し、コロナウイルス関連の低迷で産業の需要が増加し、3ヶ月連続増加した。

季節的に調整されていない生産量は4月に比べて7.7%増加した、世界3位の鉄鋼メーカーの822万トンに増加しました。

昨年5月の鉄鋼生産量は大流行の需要が崩壊し、前年比31.7%が急減し、鉄鋼メーカーが、いくつかの炉を停止していました。

連盟の研究員は、44%の上昇が地域経済が、2009年の世界的金融危機から回復していた2010年5月以来最大の増加を記録したと述べた。

彼は「急激な増加は、国内外の需要回復と中断された、いくつかの炉の再稼働を反映した」と述べた。

彼は「自動車メーカーと産業機械メーカーを含むメーカーの需要が着実に増加しています。」と付け加えました。

経済産業省(METI)は、4月に日本の粗鋼の生産量が前年比4〜6月期に28.3%増加すると予想されると述べた。 昨年。

(大林優香記者、ヤンホビー編集)

READ  引退列車も「悪口大会」の窓から手を振るお腹も...良心派が怒るいくつかの "鉄道ファン」の暴走:J-CASTニュース[전체보기]

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close