スポーツ

日本の54歳の「キングカズ」は、彼を迎えるために8つのクラブが出たと言いました。

世界最高令得点者であり、現在プロリーグでプレーしている最高令選手として認められている横浜FCの日本ストライカー三浦和吉が2020年8月12日日本北部札幌で行われた北海道コンサドレ札幌とのJリーグYBCルバンカップ手振りをしている。 刑務所が撮影した写真。 必須信用刑務所/REUTERS経由

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

12月21日(ロイター) – エバーグリーン日本サッカー選手の三浦和吉(54)がブーツを壊す意思がなく、最大8個の日本球団が次のシーズン署名を狙っていると話したと、教徒通信が火曜日報道した。

祖国で「キングカズ」として知られる三浦は昨シーズン横浜FCでプレーしながら日本の1部リーグに出場した最高令選手になったが、今は球団が2部に降格された後、他の場所で機会を探しています。

Miuraは次のように引用しました。 「クラブがコミュニティの影響力をどのように活用し、プロモーションを熱望するかについて、クラブから多くの情報を得ています。 ことわざ。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

「私にとって最も重要なことは何かを整理し、感情に従って正直な決断をしたい」

ミウラは1986年に日本にプロリーグがなかったため、ブラジルのサントスでキャリアを開始し、Verdy Kawasaki、Genoa、Dinamo Zagreb、Vissel Kobeなどのチームでプレーしました。

昨年9月、三浦はロイターとのインタビューで自身の情熱が冷めず、新しい年齢関連記録を立てることに関心がないと話した。

彼は「サッカーに対する心とサッカーで成功したいという願望は、1986年にブラジルでプロ選手になった後に変わらなかった。情熱も変わらなかった」と話した。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

バンガロールでDhruv Munjalの報告。 ヒュー・ローソン編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  TavatanakitはLPGAツアーがアジアに戻ってきて、シンガポールで深い印象を残すことを希望します。

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close