スポーツ

日本の7月の工場雰囲気2018年末以来の

ダニエルルーシンク

TOKYO(Reuters) – 堅牢な世界的な需要のおかげで、日本の輸出主導の回復が維持され、7月に日本メーカーのビジネス信任が上昇し、2年半以上最高値を更新したとReuters Tankanの世論調査で示しました。

しかし、日本の銀行(BOJ)が四半期ごとテンカン調査を綿密に注視した調査によると、コロナウイルスの危機の余波で企業が困難を経験しながら、サービス部門感情が悲観的に変わった。

した機械メーカーの管理者は、アンケート調査で、「世界経済がコロナウイルス大流行の影響から回復される兆しを見せている」と書いた。

「しかし、私たちの顧客は、予算が減少する傾向にあるため、事業の支出の決定を先送りしているので、見通しは依然として不透明です。 “

6月30日から7月9日までに実施された調査によると、メーカーのロイタータンカン感情指数は6月22から25に上昇し、2018年11月以来の高値を記録した。 サービス指数は前月ピョンダンガでマイナス3に落ちました。 (詳細結果表は、クリック)

Reuters Tankan指数の測定値は、状態が良好であると回答した回答者の状態が良くないと答えた回答者の割合を引いて計算されます。 肯定的な数値は楽観主義者が悲観論者よりも多いことを意味します。

製造者の心理は、自動車、化学、金属製品製造業者に対する強い信頼のために強化され、これは繊維、製紙部門の否定的な状況を相殺しました。

503社の大手企業と257社の企業が匿名を条件に応答した中堅企業を対象に実施した今回の世論調査は、BOJの7月15〜16日の政策会議を控えてきた。

BOJが今月発表した、独自の「tankan “ビジネスアンケート調査でも、ビジネスの信頼性が、2年半ぶりに最高水準に改善されたことが明らかにし、サービス部門の感情は5四半期ぶりに肯定的に変わりました。

BOJは8月22日まで続く東京の新しい緊急事態が、消費者と企業の心理に悪影響を与える脅威が伴い、今回の会計年度の経済成長見通しを、四半期ごとの新しい展望を下げることが期待されます。

ロイターテンカン(Takanan)世論調査は、影響を受ける企業は、特にサービス部門の企業が健康危機により苦しんでいることを強調しました。

食品メーカーの管理者は、アンケート調査で、「コロナ19対策として心理が改善されず、全体的な消費者の行動が遅い」と述べた。

しかし、日本政府は、延長された規制で打撃を受けているにもかかわらず、堅調な輸出と経済発展に伴う消費者支出の増加のおかげで、今年末までに経済がファンデミク前のレベルに戻ると予想した。 予防接種で。

10月の製造業企業のビジネスの信頼は28で追加改善されたことを示してたし、サービス部門の企業は8に上昇すると予想されて前月より3ヶ月間小幅下落調査でわかった。

(Daniel Leussinkのを見て、Simon Cameron-Mooreの編集)

READ  イタリア、イギリスの旅行者に5日検疫要求| ニュース、スポーツ、採用情報

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close