スポーツ

日本の72歳の男性、ベンチプレスの世界記録を更新



2021年3月13日、香川県米土曜の自宅で修練後のポーズをとる白川健(毎日/川原聡)

香川米土曜 – 日本の西部の都市の72歳の男性がベンチプレスの世界記録を破るためにハードなトレーニングをしている。

マスターズ4部門(70〜79歳)59kg級ベンチプレスの世界記録を保有しているが時琢磨秒地球白川健が2月、米土曜市政府から特別賞を受賞しました。 彼は現在、122kgを押して、自分のマスター記録を破るために家庭で訓練されています。

白川の納屋にはハンドメイドのベンチプレスセット、トレーニング機器、ダンベルなどがいっぱいで、一日に約1時間半ほどトレーニングをしています。 彼は徐々にバーベルバー重量を加え70kgから90kgに、その次110kgにしながら激しく集中しながら、ゆっくり持ち上げます。 彼は「若者たちのモデルになりたい」と恥ずかしくた。

キーが160センチである小柄な白川は学生時代にスポーツをしたことがありませんでした。 彼は20歳の時、ジムで運動を開始し、地域のビーチで見筋肉質の人からインスピレーションを受けてボディービル大会に参加しました。 彼は24歳でベンチプレスを開始して、自分のスキルを教え、彼の個人的な記録は165kgです。 彼は1992年と1993年に、世界ベンチプレス選手権で60kg級優勝を獲得した。



Takeshi Shirakawa easily presses 110 kg in Mitoyo、Kagawa Prefecture、on March 13、2021.(Mainichi / Satoshi Kawahara)

白川は、親の世話をするため、約10年の間に大会で休息をとっている。 しかし、彼は60歳以降、真剣にトレーニングを再開し、2019年に千葉県で開催された世界ベンチプレス選手権大会で121.5kgリフトでマスターズ59kg級世界記録を立てました。

7月には、自分を一生の運動選手として宣言し、「80歳にも簡単に100kgを持ち上げる老人になるだろう」と述べた。 彼は現在、3月28日、兵庫県で開催される全国大会のために訓練している。

(Japanese original by Satoshi Kawahara、Takamatsu Bureau)

READ  バスケットボール - 米国の女性スイープ、フランスと日本、8強進出

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close