日本の98,000人の学校の子供たちが1月にCOVIDに感染し、過去19ヶ月間合計を超えました。

1 min read





この無関係な写真から学校の教室が見えます。 (ゲッティイメージズ)

東京 – 今年1月、日本の幼稚園、小中高校、特殊学校の子供たちの間で計98,425人のコロナウイルス事例が確認されたと教育部が2月15日発表した。

文部科学省は全国的な大流行による休校が終了した2020年6月から毎月感染者数を追跡している。 2022年1月の数値は、2021年12月まで19ヶ月間、合計93,234件を超えた。

日本の6次コロナウイルス感染症(コロナ19)拡散の原動力であるオミクロン変異型の高い感染力をもう一度調査結果が示している。

1月の幼稚園患者の43%は感染経路を知ることができません。 その数値は、小学校の場合は59%、中学校の場合は55%、高校の場合は54%、特殊学校の場合は61%です。

2021年7月から12月まで、日本が夏に5回目の感染症を患った期間に比べてこの割合が大幅に増加しました。 感染源は幼稚園23%、小学校25%、中学校35%、高校45%、特殊学校32%と明らかになっていない。 地域社会感染の他にも、6次流行による保健所の負担で感染経路の追跡が難しくなり、急増しているようだ。

1月の感染経路が確認された事例のうち、幼稚園、小・中学校、特殊学校などでは、「家族感染」が「学校内感染」を超えた。 しかし、高校生の場合、「学校感染」が「家族感染」より22~19%多かった。

教育部は「高校は常に校内感染率が高い傾向があり、学校がウイルス拡散の主な原因だとは思わない」と話した。

(東京市ニュース部大久保明の日本語オリジナル)

READ  WKU学生は、日本で3年目をサポートするために奨学金を授与されました - The Herald
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours