エンターテインメント

日本のAIボットが書いた最初の映画は、映画制作を次のステップに導きます。

人工知能が創作芸術にますます活用されるにつれて、作家のブロックは過去の仕事になることができ、日本AIボットが書いた最初の映画は今年の主要短編映画祭で人工知能が何をできるかを示すことを目指し、あります。

AI「Furukoto」が執筆し、渡辺優子(Watanabe Yuko)監督が演出した26分分の短編「Boy Sprouted」が今年「をテーマに、アジア最大の映画祭の一つである短編短編映画祭とアジアでラインナップで披露する予定です。シネマ。」

物語は、少年と彼の特別なトマト嫌いを中心に、彼の母親が彼を食べさせるために多くの努力をします。 しかし、彼女は彼女の息子が文字通り背中から発芽する植物を持っているという事実をほとんど知りません。

渡辺は「(脚本の)品質は人間が書いたのとほぼ同じレベルだった。

日本AI「Furukoto」が書いた短編映画「Boy Sprouted」のスチールカット。 (写真提供:ショートパンツ委員会)(刑務所)

日本のスタートアップAles Inc.が開発したFurukotoは、導入、展開、反転、結論の流れに従う日本の物語構造「キショテンケッツ」の本質を実現するAIボットです。

「物語」を意味する古代日本語の単語からその名前を取ったAIは、独自開発した独占「PSL」技術を使って、数多くの候補文から適切な文を選択してシナリオを生成します。

PSLはプロットライングラフ、感性分析、ログラインの略で、この3つの要素を複合的に評価して判断し、ストーリーを生成します。 それは候補文を生成するために長期短期記憶(LSTM)と呼ばれる循環ニューラルネットワークを使用します。

現在フルコトは、60文字程度の日本語の話を一文で説明する場合、30分分のA4ページシナリオを1つだけ出力できます。

しかし、AlesでFurukoto開発プロジェクトを率いるWatanabeとプロデューサーのHiroki Tawadaによると、AIシステムは「Boy Sprouted」で創造性について最高のスコアを獲得しましたが、スクリプトはまだ人間が書いたものと比べることができないという。

津井良平(Ryohei Tsutsui)プロデューサーは、この映画が監督の最小限の入力でAIが書いた物語がどれほどよく生き残れるかを調べるための研究開発プロジェクトでもあると述べた。

映画制作会社Trixta Co.の代表であるTsutsuiは、「純粋な成果物をプロダクションにするのは難しいことであり、出力された情報に細部が不足しており、監督とスタッフの作業が中断されました」と述べました。

AI出力の「純粋さ」が薄くなるのを避けるために、Watanabeはテキストに頼らずにストーリーボードを使用して従業員とコミュニケーションする方法を選択し、「シーンや雰囲気を変えない会話だけを挿入するようにしました」と述べました。

長い沈黙は、監督がホラージャンルの一部として分類した映画に適した不気味な雰囲気を作りました。

これまでAIが生成したスクリプトで作られた短編映画がいくつかありましたが、Tawadaは「Boy Sprouted」が日本で初めて、そして意味のあるプロットがある最初の映画だと言いました。

「以前の映画は一貫性のないプロットを持っていましたが、(しかし)AIがそれを作ったという事実が関心の対象でした。私たちはそうしたくなかったし、適切な話で映画を作りたかった」と彼は言いました。

2016年にロンドンで開かれる年次映画競争に出品されたサイエンスフィクションの短編映画「Sunspring」は、LSTMベースのAIボットが全体のシナリオを作成しました。

俳優たちが自分の役割を説得力あるように消化し、結果は奇妙にも感動的だったが、約9分ほどの短い会話の大部分は無意味だった。

2022年4月8日に撮影された写真は、日本AI「Furukoto」が書いた短編映画「Boy Sprouted」のプロデューサー、Tawada Hiroki、監督、Watanabe Yuko、Tsutsui Ryoheiプロデューサーを示しています。 (刑務所)

近年、いくつかのプロンプトで一貫した人間に似たテキストを生成するためのより良い自動回帰コンバータモデルがAI技術の次のステップとして予告されています。

2018年にAlesを設立した代表的なAI研究者であるHitoshi Matsubaraは、ARトランスフォーマーモデルベースのFurukotoが作業中で、次のスクリプトは新しいバージョンを使用して作成される可能性があると述べた。

彼は「私たちの会社の夢はオスカー賞を受けることだ」と笑って言った。

Furukotoはまだ会話を書くことができませんが、開発者は完全な長編映画を作成するのに十分な長いスクリプトを作成することに加えて、機能を追加する作業をしています。

しかし、日本北部にある函館未来大学(Future University Hakodate)の特別任命教授でもある松原(マツバラ)は、AIがいつか人間の創造性に匹敵する可能性があると確信していますが、一つの根本的な違いは常に残っていると述べました。

松原は「人々は表現したいことがあるが、AIとコンピュータは本気で言いたいことがない」と話した。 「創作者の情熱に人は感動を受けることが多いが、人工知能が作った作品にはそんなことはない」

それにもかかわらず、「Boy Sprouted」は、Furukotoが約4年の開発期間中に達成できたことの証拠であり、エンターテイメント業界でのAIの使用は始まったばかりです。

渡辺は「人々がこの映画を通じて人生の選択の無限を感じてほしい」と話した。


関連する適用範囲:

アジア短編映画祭 6月 東京書開幕、メタバス注目

FEATURE:「Uncanny Valley」は将来のメタバスに適していますか?

機能:高い自殺率で困難を経験している韓国、AIに切り替え

READ  Gabe Kapler、神経すべてがジャイアンツに適していました。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close