経済

日本のANA、9ヶ月の純損失30億ドルの記録-Business&Finance

東京:日本最大の航空会社であるANAは、金曜日に今年の会計年度に記録的な49億ドルの純損失を予想したが、最悪のグローバルウイルス鈍化枝行ったました。

ANAホールディングスの9ヶ月の純損失は3,096億円(30億ドル)で記録的な数値であり、昨年4月〜12月のような期間記録した864億円の急激な減少を記録した。

ANAは声明で、「航空業界は、国境の制限と、日本の在宅滞在要請により、乗客の需要が急激に減少し、前例のない世界的に深刻な萎縮に直面している」と述べた。

「このような経済状況では、営業収益は5,276億円に減少し、前年同期比66.7%減のことです。」

しかし、今回の会計年度の初めと比較したとき、最新の結果は「私たちの回復がすでに進行中であることを明らかに示しています」とANAの副社長兼最高財務責任者であるIchiro Fukuzawaは言いました。

「最悪の世界的な景気低迷により、私たちのグループは、乗客の需要を満たすために、安全で信頼性が高く便利な旅行のオプションを提供するために最善を尽くしており、効率を最大化するために運営を継続的に調整しています。 “

ANAは、2021年3月までの会計年度に5,100億円(49億ドル)の純損失が前年の276億円に比べて記録的な純損失を記録すると予測している。

9ヶ月間の営業損失は、前年の1,197億円に比べて3,624億円を記録した。

航空会社は、「収益のバランスの改善を目的とした航空機の大規模な退役により事業転換費用として760億円の特別損失を記録した」と述べた。

10月にANAは2021/22に採用を中止すると、すでに発表した大規模なリストラ計画を発表しました。 毎年約3,000人の労働者が引退することが知られました。

日経ビジネス日刊紙によると、国内のライバルである日本の航空も伝染病にひどく打撃を受けたとき2021年3月までに年間約3000億円の営業損失を記録すると予想されます。

会社は、次の週に決算を発表する予定です。

READ  日本のCEOは、緊急事態を受け付けますが、大きな損失に備える

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close