日本のArches、拡張のために260万ドルの追加資金調達

1 min read

アーチス株式会社日本に本社を置く知識共有サービスプロバイダーは、先日金曜日に4億1千万円(260万ドル)の追加資金を調達したと発表しました。

同社は声明で、クサビ、ビジョンアル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル、グローブアドバイザベンチャー、日本および海外7名のエンジェル投資家から資金を調達し、総資金が6億4千万円(406万ドル)に達したと明らかにしました。

同社はこの資金を既存の「専門家マッチング」サービスを拡大し、専門家インタビューを録音するデータベースサービスである「専門家知識バンク」など新規事業開発に使用する予定だ。

助成された資金は「専門家マッチング」を具現する専門家ネットワークの拡充と専門家の知識を資産に転換する「専門家知識バンク」の開発に使われる予定だ。

アーチスは信頼性の高い高度に専門化された知識プラットフォームを構築し、企業、金融機関で顧客層を拡大し、「知識の民主化」を実現します。

また、アーチスは人的資源データベースを活用して知識共有から資源共有まで人的資源分野進出も検討中であり、中長期的に地域/産業を超越するグローバル人的資源共有プラットフォームを目指している。

今後アーチスはインタビューなどコンテンツの量を増やし、ChatGPTを活用して記事の要約、トレンド分析などの機能も拡張する計画だ。

「最近、人工知能(AI)市場が活発になり、誰でも簡単にさまざまな情報にアクセスできるようになりました。 それらを活用するために、

また、AI関連サービスで提供する情報のデータソースが脆弱な場合が多く、オープンソースでは得られない信頼性が保証された非定型知識に対する必要性がむしろ高くなっていると感じる」と述べた。 加藤博樹執行役員はこう言いました。

「専門家データベースをはじめ、記事データベース、インタビュー、研究/コンサルティング、人材派遣/紹介など個人別専門知識を提供できるワンストップサービスラインナップを備えています。

続いて「今回募金された資金を活用して各サービスを深化し、地理的範囲を拡大して「グローバル知識総合プラットフォーム」を目指すだろう」と付け加えた。

Archesは、「知識の共有、アジアの能力強化」という使命で、ホーチミン市、シンガポール、上海、香港、東京など世界5地域で事業を運営しています。

今日まで、当社は特定の専門知識を求める企業が新しい分野に投資したり、既存事業の問題を​​解決したり、専門家を採用し、知識にアクセスする機会を提供する「知識共有ビジネス」を開発してきました。

特に、毎時間専門家とインタビューする「専門家マッチング」サービスは、高度に専門化された知識を迅速に収集しようとするコンサルティング会社と投資会社を中心に全世界300以上の顧客会社から好評を得ている。

同社は主にアジア地域に100,000人以上の専門家で構成されたデータベースを保有しており、ベトナムおよびその他の国の海外ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)センターに構築された強力な採用システムとチームを保有しています。

アーチスは時間別インタビューを通じて1:1方式はもちろん、インタビュー内容をデータベースに移して1:多方式で専門知識を提供する「専門家知識バンク」という新事業を発売した。

Archesは、世界中の専門家とのインタビュー録音記録を蓄積することで、より多くの顧客がいつでも専門知識をより簡単かつ安価に検索して閲覧できることを願っています。

このサービスは2023年ベータ版で発売され、主に上場株式に投資する投資会社が利用している。

「プロのネットワークサービスは過去数年間で日本で徐々に人気が高まっていますが、特に日本や他のアジア地域ではまだアクティブではありません。

KUSABIの代表パートナーであるYuki Watanabeは、「似たような競争をしている会社があるが、我々は十分に魅力的な市場に近づいていると信じている」と述べた。

彼によると、アーチスは初期段階にもかかわらず、現段階で世界的に優位を占めている珍しいスタートアップでもある。

また、アーチスはコンサルティング、BPO、人事事業など膨大な市場に隣接しており、技術収容モデル(TAM)の大幅な拡張が可能だと述べた。

彼はまた、企業顧客の問題解決だけでなく、専門家のための付加価値サービスを発展させることによって、ビジネスの発展の可能性を見ています。

「上記の機会に、私は投資をしなければなりませんでした。 かつて私が投資した会社であるUserbaseを連想させる有能なチームがあるからです。

彼は「主要投資家として今後遅く、かなりの収益を期待している」と付け加えた。

一方、SMBC Venture CapitalのWataru Iizukaは、今日の企業が直面している課題がますます複雑になっており、競争が激しい国際市場で生き残るためには、外部の知識が不可欠であると述べています。

「アーティスは、ベトナムで低コスト運営の利点を享受し、高い利益率と優れたサービス品質を維持するユニークなビジネスモデルをうまく実装しました。

「アーチスは専門的なネットワークサービスを基盤に情報データベース提供、採用、BPOサービスなどに拡張でき、グローバル成長が大きいと予想される」と述べた。

彼はまた、経営陣が自分の経験と実績をこれらの国際的な成功にもたらすと述べた。

「私たちはArchesの今後の努力を支援するために最善を尽くしています」と彼は付け加えました。

日本Astroscale、東京IPOで1億5300万ドル調達

READ  日本政府、若い女性の体重、食習慣調査に着手
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours