経済

日本のAsahi Kasei、中国での再生可能ブームを活用するために連携

東京 – 日本の化学メーカーAsahi Kaseiが現地パートナーと一緒に、中国でのリチウムイオン電池用分離膜の製造を開始する予定であり、その市場で急速に成長している再生可能エネルギーが記憶装置の需要を促進すると確信しています。

小堀秀樹社長は金曜日ビジネスブリーフィングでAsahi KaseiがShanghai Energy New Materials Technologyと協力して、来年に南東部Jiangxi省の工場を建設すると言いました。 分離膜の分野のグローバルリーダーである中国のパートナーが51%の株式を持ってAsahi Kaseiが残りを所有することになります。

新工場は、2022年上半期からの大規模なストレージシステムのための低コスト分離器を生産する予定であり、年間生産能力を、初期の1億平方メートルで2028年までに10億平方メートルに増やす計画です。

Shanghai Energyは、コストに敏感な生産と現地マーケティングで強みを誇り、Asahi Kaseiはストレージシステム用分離膜専門会社である米国子会社Celgardの製造技術を提供する予定です。 今回の協約を通じて、日本企業は、世界最大の市場である中国の新しいトレンドを早期に捕捉して、製品の開発に活用できるようになった。

日本の矢野研究所(Yano Research Institute)は、世界のセパレータ出荷量が2020年40億平方メートルで2026年61億平方メートルに増加すると予想します。 市場は、電気自動車や電子機器産業の需要によって駆動された。 太陽と風力エネルギーの使用の増加は、分離膜市場の一層の拡大を促進することが期待されます。

READ  中国の人口はFTレポートに反論し、「早い2022年に「減少すること

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close