経済

日本のAsahi Kasei、MJHを介してHomeBuilder回復をより深く投資

パートナーシップの両側は、成長を目標としています。 AKHモグルプ東京に上場されたAsahi Kasei Corpは、家庭やアメリカ、オーストラリアでの住宅建設事業を運営しており、現在7,500億円(89億ドル)の売上高を2025年までに1兆円に増やすことを目標にしています。 と述べた。

MJH専務理事Andrew Helmers:「垂直統合」

CommonwealthのHomeBuilder補助金制度の恩恵を受けており、連邦政府が週末に発表した12ヶ月の延長に対して音声でロビーをしたMJHは昨年HIA Colorbond Housing 100度で2761個をはじめと米国で5番目に大きい住宅建設業者でした。

1年に1万世帯建設業者となることを目標としており、新たな親会社の投資を通じて垂直に成長して、独自のサプライチェーンを確保する計画です。

昨年MJHはアデレードに本社を置く住宅建設業者Weeks Building GroupとMJHが住宅に使用するフレームの半分を供給する鉄骨フレームメーカーSupalocを買収しました。 MJHはSupalocの生産量を倍増することを目標にしており、他のサプライヤーを探しているとHelmersは言いました。

「私たちは、ビジネスに関連する空間に垂直的に統合されることを望んでいる。」と彼は言いました。

「私たちは、毎年10,000人以上のオーストラリア家庭に製品メーカーであり、住宅サプライヤーになりたいです。 追加された投資は、その野望を実現します。」

AKHの投資の増加は、日本の建築業者が国内人口の減少や高齢化に直面し、成長し続ける方法で、オーストラリアや他の外国人に拡大することを見た最新の波です。

民間住宅建設会社であるSekisui Houseは、シドニー、開発者Payceと10年以上協力しており、東京に上場されているSumitomo Forestry Groupは、住宅建設会社Wisdom GroupとHenly GroupとDaiwa Houseの大株主であり、東京取引所にも上場しました。 2017年NSW住宅建設業者Rawson Group。

東京に上場されている商業建築業者Obayashi Corporationは Builtと提携 Walker Corpの3ヘクタールブロックParramatta Squareのようなプロジェクトで。

READ  東京駅の前1980円PCR検査開業2日前に申請殺到「密」の回避に:東京新聞TOKYO Web

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close