経済

日本のCEOは、緊急事態を受け付けますが、大きな損失に備える

日本の主要企業の3分の2は、大都市の経済活動が鈍化に伴い、コロナウイルスが拡大されている緊急の状況で収益が減少すると予想する日経の調査によると。

日本が最近、東京や他の地域を対象に宣言した後には、回答者の21%は、緊急時の期間中に、前年比売上が大幅に減少すると予想している。 また、他の45%は、収入の減少が少ないと予想されます。

在宅勤務の使用を増やすと誓いながら、起業家たちは、菅義偉首相の政府に、ウイルスの拡散に対抗するために、より多くの仕事をすることを促しました。

飲料グループサントリーホールディングスの武君稲見CEOは、政府の「予防接種スケジュールをいつでもすぐに発表した “と症状がない感染者を検出することができる無料のコロナウイルススキャンを提供することを促しました。

133社の企業の社長、会長、CEOが1月8日から14日まで実施された世論調査に答えた。

緊急事態に反対するビジネスリーダーはありませんでした。 その代わりに、彼らは今適切かどうか、またはより迅速に宣言する必要がいるかどうかについては約50-50に分かれました。

岩田圭一住友化学社長は「ウイルスの拡散は、専門家の意見や医療分野、オフィスなどの見解をもとにした「政府の決定を説明しました。 しかし、ベアリングメーカーNSKの社長であるToshihiro Uchiyamaは、政府が「感染症の爆発的な普及を予測することができたという点を勘案すると、「行動するために遅くと言った。

回答者の20%以上が緊急通報が3カ月以内に解除されない場合、事業の生存についての懸念を表明しました。 緊急事態は、現在、2月7日まで持続します。

しかし、48.5%は、法令がどのくらい維持されるかにかかわらず、そのような懸念を表明していない。 これは去る4月に始まった日本の前の緊急事態の間の調査で27.3%で、急激な改善を示します。

今回は多くの会社がよりよく準備されています。

鉄道とホテルグループであるSeibu Holdingsの社長であるTakashi Gotoは「私たちは、十分な流動性を保持しています。申告が延長されると、需要の減少に合わせてサービスを調整することができるだろう」と言いました。

調査では、在宅勤務での迅速な移行を示しています。 従業員10人のうち7人以上が在宅勤務をしている企業の84.1%(12月の世論調査の割合の約3倍)、7.9%はすべてリモートで働いています。

東原敏昭大統領は、「最終的な緊急事態が解除された以来、日立は、可能な限り在宅勤務を続けてきた私たちは、最近の宣言に対応して、私たちの努力を倍加するだろう」と述べた。

ほぼすべての回答者が対面会議を削減し、ビジネスディナーや出張を制限していると答えました。 20%以上の従業員を対象に、コロナウイルステストを実施しています。

医療機関への支援と治療とワクチンの開発は、緊急法令の施行するかどうかにかかわらず、より多くの政府の努力が必要であるとの回答者が言及した分野の中で1位を占めています。

READ  iPhone 12 / iPhone 12 Proのレビューを。 優れたカメラで5Gまで実力を総点検(1/5)

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close