エンターテインメント

日本のCG、短編映画の競争で優勝したコルカタの少年賞賛| コルカタニュース

コルカタから三人の少年は、大学生二人が、最近仕事に参加した一人は非常に興奮されます。 そして、彼らはお祝いすることは決して意味のない偉業ではない。 3分の短編映画「叔母レヴィ」で、南アジア日本映画の競争2位に選ばれた。

「私たちの三人は皆日本語を学ぶゴールパークのラマクリシュナミッション文化研究所の学生です。私たちは、プログラムと縁の一環として、様々なイベントを手配します。このようなイベントで、私は共同断片制作者に会った。封鎖、私達は考えを出し、成功しました。」St Xavierの大学の学生であるAnoubhav Bhaduriが言いました。

Anoubhavと彼の友人、Rohan BhattacharyaとSnehasish Mukherjeeは貪る賞のための2等賞を受けるために、異なる見解を持っています。 「私は学校で、全国レベルの空手選手だった競争精神的にそれを表示します。久しぶりに参加して、再度勝ちました。Rohanに焦点は芸術作品の美しさにあり、Snehasishは均等にそれ以上ではなく、成功のために投資しました。」断片の写真とサウンド編集責任者であるAnoubhavは言いました。

South City Day College学生であるRohanに映画の演出、脚本、編集、色補正はかなりの作業でした。 「そうやって、主人公のナレーションをしました。私たちは、映画の中で会話をしていないことを決定しました。私たちは、キャラクターが考えていて、ボイスオーバーが彼の頭の中で行われているの独白であることを示しました。私にはかなり挑戦的でした。たとえSnehasishですが、おそらく日本語で文章を書いて会話することができる能力がより多いことです。私たち三人は、第発音がもう少しよいので、音声ダビングをしなければならないと決めました。」と彼は言いました。

三人は、最も基本的なカメラでの操作したノイズ遮断に役立つよう、一般のマイクにタオルを巻くました。 「私は日本文化グループで数回演劇を除いては、一度も延期したことがありません。正しいシーンを撮影するには、数回のテイクが必要でした。最初は感情をうまく表現していない、最終的に学習経験でした。」という作業Snehasishは言いました。 自動車会社のマーケティング部門で。 彼は演技してナレーションスクリプトと字幕を行いました。

台本はシーンを撮影した後、使われたが斬新で高く評価されました。
そしてコルカタの日本総領事中村豊は、子供の合計に対して賛辞を送った。 「あノーボブバーまわり、ローハンバターチャリャ、スネアハシシ無ケル地の印象的な日本の短編映画を作り、南アジアの国コンペティションで2位を占めたことを祝っている。このような若者が製作して、自分の考えやアイデアを具体化することは、圧倒的です。習得した映画製作の実力と日本語を組み合わせたアート作品です。より多くの東インド人が日本への関心を同様に表現し、両国間の交流を促進するために役立つことを願っ心から願います。」
日本語でKomorebiという言葉は、木々差し込む光を意味します。

READ  宮崎あおい第二子妊娠した! 既に安定期に年内出産予定(女性自身) - gooニュース

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close