トップニュース

日本のCovidケースは、夏のピーク後に急激に減少

8月中旬、日本は1日20,000件以上のコロナウイルス症例を記録し、これは大流行期間中最高レベルです。 水曜日には全国的に310人に過ぎないと報告した。

政府が水曜日に発表した適格人口の約70%がワクチン接種を完了し、深刻な懸念から脱し、慎重な楽観主義とほぼ正常に近い状態に戻りました。 東京は日常生活のほぼすべての制限を解除し、地下鉄、通り、ショッピングアーケードは再び人々でいっぱいです。 市は1週間以上毎日50人未満の事例を報告しました。

日本の専門家は、高いワクチン接種レベルとユビキタスマスキングがおそらくウイルスを防ぐ最も重要な要因であることに同意しますが、急激な症例の減少の原因については明確ではありません。

政府の専門家は、水曜日の記者とのインタビューで、肌寒い天候、効果的な検査体制、最近急増した患者に対する注意の強化など、他の要因も患者の急激な減少に寄与した可能性があると述べた。

彼らはまた、ウイルスの無症状の症例も減っているようだと指摘しました。

ただし、国の検査レベルは他の国と比較して大幅に低いため、事例が少なく報告されることがあります。 最高潮に達したとき、日本は1日に約270,000件の検査のみを行いました。

他の国とは異なり、日本は封じ込め措置を取ったり、人々の行動を強制的に制限したことはありません。 その代わりに、政府は、当局が企業に自発的に勤務時間を短縮し、市民に外部時間を短縮するよう促す継続的な国家緊急事態に直面した。

それにもかかわらず、この国の感染レベルはファンデミック期間中比較的低いレベルを維持し、8月末に約23,000人を頂点に急激に低下しました。 日本の総死亡者数は18,200人を少し超えています。

現在、低い感染レベルにもかかわらず、政府の専門家は、より多くの活動が室内に移動するにつれて、冬に新しいケースが急増する可能性があると警告しています。 これに対し、管理者は検査のアクセシビリティを容易にし、コロナウイルス患者が利用できる病床数を増やすと明らかにしました。

Hisako Ueno 報告に貢献しました。

READ  菅首相「静かな年末年始を「...国民の感染対策の徹底要請 - 読売新聞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close