トップニュース

日本のCOVID-19事例がほぼ記録的に毎日100,000人を超えて急増しました。

政府がコロナ19感染状況の改善による国境措置を緩和し、1日最大入国者数を2万人に増やした6月1日、日本の成田の成田国際空港に海外旅行者が到着した後に集まっている。 。 しかし、日曜日に100,000件を超えて急増するなど、最近の事例が急増しています。 写真: Franck Robchon/EPA-EFE

7月17日(UPI) – 日本でコロナ19の確定者が再び急増しており、オミクロン(Omicron)変種(subvariant)が出現した2月以来初めて感染者が100,000人を超えました。

日曜日、日本はBA.5オミクロン下位変異が全世界に広がるにつれて105,564件、合計10,335,243件で全世界13位を記録したと報告しました。 死者は17人が増え、合計31,615人で31位に上がりました。

最初の頂点では、デルタ急増とファンデミックのため、1年延期された2020年東京オリンピック閉幕2週間後の8月22日に26,184人の事例が発生しました。 事件記録は2月6日に105,816件だ。

デルタ急上昇以前の記録は2021年8月19日7,785人でした。 2020年には12月31日の3,717人でした。

Worldometers.infoの追跡によると、先週世界中の感染は3%減少した6,387,270人、毎日平均873,525人で3ヶ月で最高値を記録しました。 1月21日には3,840,795個で日間記録を立てた。 日曜日現在まで合計567,072,826人(土曜日663,237人を含む)

一方、死亡者は先週に比べて7%減少した1万987人と集計された。 1日平均は1,570人で、最近最低値である7月4日、1,216人で世界保健機関(WHO)がコロナ19をファンデミック(世界的大流行)と宣言してから10日ぶりの2020年3月21日、1,076人以来最低値だ。 。 日曜日現在までに合計6,387,270人(土曜日999人を含む)です。

一部の国では週末にデータを報告しません。

日本は先週に110%増加した506,017件で5番目に多くの事例がありました。

その他先週25,000人以上増加し、降順で韓国108%(229,980人)、ペルー110%(71,818人)、グアタマラ44%(37,815人)、ルーマニア348%(34,582人)、イラン08などだ。

米国が740,547人(8%減少)、2位フランス(710,901人)(21%減少)、3位イタリア(671,277人)(1%増加)、4位(4位)ドイツ(670,724人・7%)増加。

先週に大幅に増加した100人以上の死者を報告した国のうち、イタリアの35%(7844人)、世界3位。 メキシコ45%(398人)タイ25%、199人。 日本47%(156人)。 韓国は104で68%。

ケースと同様に、米国は1,893人で最も多くの死者を報告しましたが、20%減少しました。 ブラジルは1,799人で11%上昇し、2位を占めました。 ドイツは671人で18%増加し、4位を記録しました。

週間の事例増加を掲げると、アジアの22%(164,424,027人)、オセアニア(10,609,135人)、南アメリカ(61,132,255人)が3%増加しました。 減少幅はアフリカ31%(12,442,577人)、ヨーロッパ14%(世界最高値210,683,449人)、北米3%(108,080,712人)だった。

死亡者の増加はオセアニア19%(15,182人)、南米7%(1,310,697人)だった。 下落幅はアフリカ26%(25万6414人)、北米15%(149万6776人)、ヨーロッパ11%(186万4932人)、アジア3%(144万3254人)だった。

Worldometers.infoによると、米国は1,048,822人の死者と91,250,392人の感染者をリードしています。 米国は1月13日に909,017人の毎日の事例の世界記録を持っています。 ブラジルは675,353人の死者で2位、33,290,266人の事例で3位です。 インドは日曜日20,528人を含めて43,750,599人で2位を記録し、2月18日22,271人以来最も多い。

インドの毎日の死亡者数は2021年5月18日に4,529人で、地域別の調整はありません。

ロシアは381,811人の死者で、4番目に日曜日46人、7月10日39人で、2020年4月16日以降最も少ないです。

死亡者10位以内の死亡者数はメキシコ32万6491人で5位、ペルー21万3301人で6位、イギリス18万1580人で7位、イタリア16万9846人で8位、インドネシア15万6849人で9位、フランス15万576人で10位だ。

10位圏内にはドイツが29,692,989人で5位、イギリスが23,075,360人で6位、イタリアが20,076,863人で7位、韓国が18,761,757人で8位、ロシアが18,490,295人で9位だった。

世界中で120億回以上のコロナ19ワクチンが投与され、2週間で2億回以上増加し、世界人口は79億人に達しています。 ブルームバーグ追跡

世界の地域別に分類すると、アジア太平洋地域は人口の80%に少なくとも1回投与され、米国とカナダは79%、ラテンアメリカ、アジア太平洋地域はヨーロッパ69%、中東57%と同じです。 によると、アフリカは24% ニューヨークタイムズトラッキング

日本は7次流行中に急増する事例を防ぐために4次攻撃を推進しています。

また、日本は鉄道駅や空港で無料のコロナウイルス検査容量を増やし、建物内部に効果的な換気が提供されるようにしています。

木田文雄日本首相は11日、政府官邸で開かれた会議で「現時点で移動制限を考慮していない」と話した。 コロナウイルスタスクフォース金曜日。 「最大限の境界を維持し、社会・経済活動の回復に努めます。」

このような努力は日本が「ウイルスとの共存を追求しながら、正常に慎重に履行することを意味する」と言う。

新しいBA.5オミクロン亜種は7月4日までに東京で同定されたすべての新しいCOVID-19症例の56.4%を占め、以前に支配的だったBA.2亜亜種を超えました。

BA.5株は米国で最も優勢であり、7月3日から9日までの症例の65%を占めています。

ワクチンを接種していない人がウイルスに感染する可能性は、ワクチンを受け、追加の接種を受けた人より5倍高いです。 メイヨークリニックのワクチン研究グループの責任者であるグレゴリー・ポーランド博士は、入院の可能性が7.5倍高く、死が14~15倍高いと述べた。 NPRに言った

「ここで少し聞くのが難しいことを明確に申し上げます。あるという点で」と話した。

水曜日、FDAは18歳以上の個人に対するNovavax COVID-19ワクチンの緊急使用承認を発表しました。 病気管理予防センター(CDC)はまだ新しいワクチンを承認していません。このワクチンは2021年末に欧州連合(EU)と2月にカナダで承認されました。 Novavax Inc.は、メリーランド州ゲーダーズバーグに本社を置く米国バイオテクノロジー会社です。

以前に承認されたワクチンは、Pfizer、Moderna、およびJohnson&Johnsonのワクチンでした。

これらのワクチンとは異なり、NovavaxはmRNAとは異なり、従来のタンパク質ベースの技術を使用しています。

18歳以上の成人約30,000人を対象とした研究では、2つの用量がコロナウイルスによる病気の予防に90%効果的でした。

COVID-19が2年半前に出現した中国は、5,226人の死者を報告しました。 4月に急増する前は4,636人であり、これは2021年2月初めからその数値を維持しました。

木曜日に中国は5月25日以降、最も多くの432人の事例を報告しました。

最近の発症で閉鎖された上海は 低下傾向 33土曜日。

上海COVID-19の専門家チームの一員であるYuan Zheng’an氏は、「最近の上海ではポジティブなケースが減少しているが、感染の広範な動きのために残りのリスクグループを追跡することはまだ難しい」と述べた。 。

病気が確認されたケースです。 無症状感染者は中国本土で別々に報告されます。

READ  Manhattan's Japan Societyは、アーティスト・カズコ宮本と彼女のスタジオ建築との関係を探る。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close