技術

日本のEbara、チップ製造機の生産量の増加

TOKYO-日本の産業機械メーカーEbaraが増加する世界的な需要を満たすために、半導体製造装置の生産を強化する予定です。

Ebaraは東京南西部の神奈川県の工場で生産ラインの自動化を進めており、乾燥真空ポンプとCMP装置の生産を増やすために、日本の西熊本県にある工場にこれらの行を追加する予定です。

Ebaraはどちらの製品も、グローバル市場で大きな部分を占めています。 このような動きは、データトラフィックの増加により、世界的に半導体の需要が増加するにつれて行われます。

同社は12月末までに精密機械事業部の売上高を前年度比21%増の1,700億円(15億6000万ドル)に増やす計画だ。

神奈川県藤沢のEbaraの工場はドライ真空ポンプを生産します。 人々が以前に実行されたタスクを自動化するために、ロボットが導入されます。 工場の容量も3倍になります。 自動化された生産ラインは、8月頃稼動する予定です。

熊本県にあるEbaraのCMP装置の工場には現在2つの生産ラインがあります。 工場の容量を50%増やすための1/3が追加されます。

同社は、2つの工場の生産量を明らかにしていない。

Ebaraはまた、製品のメンテナンスシステムを強化する4月頃、ドイツのドレスデンに新しいドライ真空ポンプのメンテナンス工場を稼動する予定です。 この会社は、上海から東に270km離れた、中国合肥の別の工場を建てており、今年の夏から稼働を開始する予定だ。 ドライ真空ポンプは、1年に二回程度点検が必要なので、Ebaraは、製品のメンテナンスシステムを改善する必要があります。

チップの需要の増加に支えられ、半導体製造装置の稼働率が高まり、メンテナンス作業の需要も増加しています。 Ebaraは現在、全世界の約10の場所メンテナンス基地を置いています。 会社は必要に応じて、今後より多くの拠点を構築する計画です。

READ  Firefox 85は、フラッシュを捨て、個人情報保護を強化します

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close