スポーツ

日本のF1大会2年連続キャンセル

フォーミュラワンF1 – 日本のグランプリ – 鈴鹿サーキット、日本の鈴鹿 – 2019年10月13日。 レース中のアルファロメオのAntonio Giovinazziが行動しています。 REUTERS /小に除夜トゥーン

8月18日(ロイター) – 日本のフォーミュラワングランプリが2年連続でコロナ19ファンデミク(世界大流行)にキャンセルされたと大会主催者が水曜日発表した。

レースは10月8〜10日の週末に鈴鹿サーキットで開催される予定であり、シンガポールの10月1〜3日の夜のレースが中断され取り消された。

フォーミュラワンは声明で、「日本の主催者と当局との継続的な議論に基づいて、日本政府は、日本で進行中の感染症の複雑さのため、今シーズンのレースをキャンセルすることを決定した」と明らかにした。

「フォーミュラワンは、現在変更された一定の詳細を作業中で、今後数週間のうちに最終的な詳細を発表します。」

日本は最近、観客なしで東京オリンピックを開催し、8月24日から9月5日までに予定されパラリンピックも観客なしで開催される。

Suzukaサーキットの所有者であり、レースのタイトルスポンサーであるHondaはシーズンが終わるとエンジンメーカーとしてFormula Oneから撤退します。

ブランド運営責任者渡辺告知(Koji Watanabe)は「ホンダとして、我々は、特に失望だ。なぜなら、今年はフォーミュラワンプロジェクトの最後の年であり、多くのファンがこのイベントに参加するのを楽しみにしていることを知っているからだ」と語った。

Hondaは、Red Bullの二つのチームとパートナー関係を結び、7年ぶりに日本のドライバーであるYuki TsunodaとAlphaTauriのためにレースします。

Formula Oneは現在、厳しい健康プロトコルに基づいて運営されており、チームは「バブル」状態であり、すべての従業員とメディアのCOVID-19のテストを頻繁に実行します。

鈴鹿のレースのキャンセルは、シンガポールのキャンセルされたレースを交換するためにカレンダーに追加されたトルコのグランプリに問題を引き起こす可能性があります。

イスタンブールパークサーキットのレースはSuzuka前1週間、ロシアのソチ大会1週間後に予定されたが現在、数週間以内に予想される最終的なレーススケジュールにより多くの再編成があるでしょう。

トルコは、英国政府が帰国する旅行者に対して10日間のホテル分離を要求する国の「レッドリスト」に含まれています。

数日、日本に留まればフォーミュラワンは隔離要件をバイパスすることができたが、他のオプションを検討しています。

米国で2番目のレース、Austin’s Circuit of the Americas、そしてカタールで可能な最初のレースの話がありました。

「フォーミュラワンは、今年と2020年に、私たちが続く不確実性に適応し、解決策を見つけることができることを実証しており、今年と、その後にフォーミュラワンのイベントを開催する場所への関心レベルに興奮しています。 “

ムンバイのSudipto Ganguly /ロンドンのAlan Baldwinの報告; Jason Neely、Alex Richardson、Christian Radnedge編集

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  大谷、オールスター優勝| ニュース、スポーツ、採用情報

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close