トップニュース

日本のF1 GP、2024年の終わりまでに鈴鹿に残り

フォーミュラワンF1-、日本グランプリ – 鈴鹿サーキット、鈴鹿、日本の-2019年10月13日。 レース中、通常表示。 ロイタース/イッセイ加藤

日本のグランプリは、フォーミュラワンとサーキットの所有者が土曜日に3年契約の延長を発表した後、少なくとも2024シーズンが終わるまで鈴鹿に残るでしょう。

名古屋の南西8個のトラックの姿は、1987年に初めてフォーミュラワンレースを開催しており、11個のドライバチャンピオンシップの決定を提供しています。

フォーミュラワンCEOステファノもメニカリは声明で「この拡張は、アジアでのスポーツの成長させるための私達の長期的な取り組みの一環であり、私たちはMobilitylandと良好な関係を継続するようになって嬉しいです。」と言いました。

MobilitylandはHondaの子会社です。

日本は2014年以来、日本初のグランプリドライバーである20歳の新人角田ゆきの新しい若い才能を持っている。 しかし、レッドブルのエンジンパートナーであるホンダは今シーズンが終わる頃スポーツをやめている。

Tsunodaは先月、バーレーンで9位を記録したときにRed Bull所有のAlphaTauriとF1レースデビューでスコアを記録した。

彼は後に父親と一緒に鈴鹿に行ってレースを見て、ルノーが所有するアルパインとまだグリッドのダブル世界チャンピオンのフェルナンド・アロンソのファンになることについて話しました。

コロナ19拡散に昨シーズンのレースを開催していなかったサーキットは、来年60周年を迎える。

今年のグランプリは、10月10日に記録された。

私たちの基準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  ゲーム "サイバーパンク2077」の「加飾」と壊れた信頼の背面から起こっていた - WIRED.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close