日本のFugaku、最速のスーパーコンピュータランキングで2位を維持

1 min read
読売新聞ファイル写真
ふくくスーパーコンピュータ

日本政府が資金を提供するRikenと富士通株式会社が開発したFugakuスーパーコンピュータが、コンピューティングスピード世界ランキングTop500で2位を占めたと日本研究所が月曜日発表した。

毎年2回スーパーコンピュータ研究者国際会議で順位を発表する。 ふくくは2022年5月から3年連続2位を維持している。

ふくくは2020年6月から4年連続1位に上がった。

頂上でFugakuを追い越すのはアメリカの最先端フロンティアシステムだった。

Frontierの計算速度は毎秒1,194ペタフロップスで、Fugakuの計算速度は442ペタフロップスでした。 上位10台のシステムは最新のランキングで同じままです。

日本のスーパーコンピュータは、産業用アプリケーション処理速度ベンチマークである高性能共役グラデーション(High-Performance Conjugate Gradient)とビッグデータ分析能力ベンチマークであるグラフ500(Graph500)で7年連続1位を守った。

Riken Center for Computational Scienceの責任者である松岡嘉氏は、「この順位は、私たちの全体的な能力レベルが高いことを示した」と述べた。

文部科学省は現在、フガクの後続システムの具体的な性能と機能を研究している。

関連記事


READ  Bungieはデスティニーガーディアンズの陰謀論を完全に暴露しました。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours