経済

日本のFuji Electric、電力チップ事業に3億6000万ドルの支援

東京 – 日本のフジ・エレクトリックがエアコン、電気自動車などの電力の流れを管理するために使用されるパワー半導体の生産を拡大するために、400億円(3億6500万ドル)を追加投資する予定である。

Michihiro Kitazawa社長は「今回の決定は、電気自動車や太陽光などの再生可能エネルギー需要の増加によるものだ」と述べた。

400億円は、Fuji Electricが2022会計年度までの4年間、策定した1200億円を上回る金額で、予期せぬ強力な需要を満たすために2023会計年度の元期間で既に上方修正しました。

追加資本のうち、約250億円は、会社のマレーシアの工場で8インチのシリコンウェーハの生産を開始するために使用される予定であり、これは以前にそこで製造された6インチウェハより製造効率が高くなります。 Fuji Electricは、容量の詳細情報を提供していない。

同社は先月、ハードディスクメディアの生産が中止された後、確保されたクリーンルームやその他の施設を使用して、会計年度2023年ごろ、マレーシアでパワー半導体の生産を開始する予定です。

残りの150億円は、会社の日本松本工場を含む他の場所の拡張に使用されています。

現場の販売は同社の中期目標を超えると予想されます。 Fuji Electricは、パワー半導体を含む部門の売上高が5カ年計画の最終年で会計年度2023年に2018年度から53%増加して2100億円になると見ています。

既存の計画は、この部門で2,000億円の売上を目標としており、250億円は、会社が撤退した磁気ディスク事業から出てきます。

Kitazawaは、会計年度2023年以降に追加半導体関連投資が「デマンドベース」になると明らかにした会社は、追加の500億円程度の支出を考慮していると付け加えました。

調査会社フジケイザイ(Fuji Keizai)は、電気自動車や第5世代の無線技術が広く使用されに基づいてパワー半導体の世界市場が2030年までに10年の間に44%拡大して4兆5千億円に達すると予想します。

英国の分析業者オームディアによると、昨年インフィニオンが27.1%のシェアで市場を主導してきたセミが9.7%、三菱エレクトリックが8.5%で続いた。 Fuji Electricは6.5%で、スイスベースSTMicroelectronicsとランクを付けました。

READ  日本のUnicharm、中国での後退後、インドとアフリカへの切り替え

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close