日本のGameFiが440億ドル規模のゲーム市場を掌握する方法

Estimated read time 1 min read

日本のブロックチェーンゲームコミュニティは、440億ドル規模のゲーム市場を活性化し、かなりのシェアを確保するために努力しています。 彼らはWeb3ゲームの流動性の強化を議論するために自民党に近づいた。

ブロックチェーンプラットフォームOasysの取締役であるRyo Matsubaraがこの努力を主導しています。 Oasysは、即時取引とガス手数料のないゲーマーに最適化されていると主張しています。

日本GameFi騎手団、政府支援要請

新しい税法などの有利な規制にもかかわらず、厳格な規制により、日本のGameFi部門の流動性が抑制されました。 これは最終的にGameFiエコシステムの成長を妨げます。

Matsubaraは、Web3ゲームプロジェクトに流動性が必要であると声を高めてきました。 彼は、日本の暗号通貨市場が流動性問題に苦しんでいると信じています。 これは事故と厳しい規制の組み合わせの結果です。 しかし松原はまだ楽観的だ。 彼は、流動性が向上すれば、日本は特に豊富なコンテンツに基づいて再びリーディングマーケットになると信じています。

「Web3ゲームプロジェクトで流動性がどれほど重要であるかを与党と政府に発表しました。 日本の暗号通貨市場は、多くの事件と厳しい規制により流動性が枯渇しています。 日本が流動性を回復すれば魅力的なコンテンツが多く、最も熱い市場になるだろう」と話した。 言った

もっと読む:GameFiとは何ですか?

政府との協力はOasys戦略の重要な部分です。 目標は、より安全な暗号通貨投資を促進するために規制を調整することです。 これらの変化は市場の流動性を急速に高めることができる。 これにより、より多くの買い手と売り手を引き付けることで、日本のWeb3市場の競争力が高まります。

2024年2月現在、日本のゲーム市場の売上高は444億1千万ドルです。 さらに、2029年には613億ドルに増加すると予想されます。 有利な規制があれば、GameFi業界はこの市場の大部分を占めることができます。

日本ゲーム部門市場別収益。 源泉: スターティスター

特に日本政府は以前に暗号通貨の革新を支持する様々な法律を発表しました。 たとえば、日本政府は、2023年9月にスタートアップが暗号通貨の発行を通じて資金を調達できるようにすることを検討しました。 岸田文夫首相はこの計画を強調しました。 また、彼はインターネットを変え、社会の変化を促すことができるWeb3の可能性を強調しました。

しかし、課題はまだ残っています。 日本の主要金融規制機関である金融庁(FSA)は、送信者の名前が口座名と一致しない場合、暗号通貨取引所への振り込みを中断してユーザーを保護する措置を提案しました。 このポリシーは、個人アカウントと企業アカウントの両方に影響を与える可能性があります。

もっと読む:暗号通貨規制:長所と短所は何ですか?

これらのアクションはユーザーを保護するように設計されていますが、ピアツーピア(P2P)取引を複雑にすることができます。 これは最終的に流動性に影響を与える可能性があります。

婦人声明

Trust Projectのガイダンスを遵守しながら、BeInCryptoは偏見のない透明な報告のために最善を尽くしています。 このニュース記事は、正確で時宜を得た情報を提供することを目的としています。 ただし、この内容をもとに決定を下す前に、読者の皆さんが直接事実を確認し、専門家と相談してください。 当社の利用規約、プライバシーポリシー、免責事項が更新されました。

READ  テキサス州で捕獲された最大の大きな口バスを発見
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours