経済

日本のGDPは第1四半期に年間5.1%の減少

日本経済は、過去3ヶ月の間に1〜3月に1.3%下落しており、コロナ19拡散に第2四半期以降の連続成長を続けていくにつれて、年間5.1%下落した内閣府が火曜日発表した。

この結果は、日本経済研究センターが37人の経済学者を対象にしたアンケート調査では、平均1.2%の減少、または平均4.6%の減少予測と比較されます。

挫折は、政府が1月8日から3月21日までの2次緊急事態を宣言したことから非難されて人々に夜に外食と現国境を行き来する旅行を自制して、可能な限り在宅勤務をするように促した。 。 これらの制限は、旅行や食事の個人的な支出を制動すると思われます。

日本は4月25日新しいCOVID変種が全国、特に東京郊外に広がり、一部の経済学者たちが4〜6月に別の収縮を予測するようになっ三番目の緊急事態を頂戴しました。 経済学者はJCER調査によると、4〜6月の経済が平均0.5%(年間1.8%)反発すると予想しています。

伝染病の状況とワクチン発売速度の違いにより、第1四半期の地域間の経済成果が変わりました。 日本は部分的に限られた供給のためにワクチンを発売するために苦労しているが、注射を迎える医療スタッフの不足のために苦労しています。

米国は前期比1〜3月の平均6.4%成長した一方、中国は2.4%成長した。 一方、ユーロ圏経済は2.5%の割合で萎縮しました。

日本の場合、米国と中国の回復が自動車や電子部品の需要を増加させ、企業の投資を増加させたため、第1四半期の減少は、強固な事業活動に部分的に相殺された。

明治安田研究所のチーフエコノミストであるYuichi Kodamaは「米国経済が強固な基盤を維持するた日本経済は、肯定的な勢いを維持するだろう」と言いました。 しかし、彼はワクチン発売速度の差が回復速度に「重要ではない」に影響を与えるだろうと付け加えました。

READ  マネーロンダリングのモニターは、日本の財政の保護装置に欠陥がある

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close