トップニュース

日本のGojo、Satya MicroCapitalを二倍に拡大

自営業者、農村女性に焦点を当てたSatya MicroCapital Ltdは、日本に拠点を置くGojo&Company Inc.からRs 153 crore(2,100万ドル)の新たな資本を調達しました。

これは非銀行金融機関が資金調達した資金総額をRs 260 croreで取得します。

2020年5月初め、同社はGojoからRs 105 croreを調達しました。 最近の資金調達で、東京に本社を置く同社は、金融機関の株式をほぼ2倍の49.9%に増やしたとSatya MicroCapitalはVCCircleに語った。

2020年4月に金融機関のCEOであるVivek TiwariはGojoが会社の約25%の株式を保有している言いました。

複数小口金融機関の株式を保有しているが、日本企業は、2018年8月Satya MicroCapitalで43億ルピーの株式ファンディングラウンドをリードしてきました。

以前に融資機関は、2017年10月Dia Vikas CapitalからRs 16 croreを、2018年6月に権利問題を、既存の投資家からRs 11.5を調達しました。

最新の資金は、この部門を揺るがした大流行期間中に少額融資機関が受けた最大の株式注入のいずれかです。

Tiwariは「顧客基盤は、主にCOVID-19時代に最も脆弱な農村と郊外のビジネスの所有者、農村女性です。 調達された資本は、より広い範囲で事業を拡大するために使用されて生活リハビリのために、女性のマイクロ起業家に財政のアクセスを提供します。」

現在の会社の純資産は約Rs 425 croreです。 2020年3月終わる会計年度にRs 1,000 croreの貸出帳簿を見ており、2021年3月にAUM(運用資産)が約40%成長すると予想します。

この会社は、2017年1月に運営を開始しました。 米国の21州の4.5万人以上の企業の経営者の女性小額起業家たちに小額の融資を提供しています。 同社は現在、170以上の支店を運営しています。

農業、畜産、ビジネス/貿易、生産/サービス、水質衛生などの多くの分野からの収入の創出と成長のためのクレジットサポートをしたい人を対象にします。

Gojoは発展途上国のすべての人々に財政のアクセスを提供することを目的とする全世界のマイクロファイナンス機関の日本の基盤持株会社です。 この会社は、東京に本社を置き、カンボジア、スリランカ、ミャンマーなど多くの国でマイクロファイナンス子会社を置いています。

READ  都内153人の感染確認1人が死亡| NHK北海道のニュース - nhk.or.jp

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close