トップニュース

日本のGSDFと米国は、2015年、沖縄上陸部隊にひそかに合意



このファイルの写真は、沖縄県金武ブルービーチ訓練場で2020年2月、米海兵隊と一緒に水陸両用訓練をしている日本の陸上自衛隊要員を示しています。 (教徒)

東京(教徒) – 地上自衛隊と米海兵隊が2015年沖縄県辺野古地区にある海兵隊シュワブキャンプにGSDF上陸部隊を配置する秘密協定を締結したと、日本と米国の政府筋が日曜日明らかにした。 。

しかし、水陸両用迅速配置旅団連帯をめぐる交渉は、日本国防部の統一していない公務員の承認なしに行われ、ソースによるとGSDFが民間制御の原則に反するという批判を引き起こした。

この計画は、宜野湾の人口密集地域で生まれの辺野古沿岸地域で海兵隊飛行場普天間を移転する計画の沖縄と日本政府との間のデッドロックのために停止しました。

しかし、GSDFは、日本が制御しかし、中国が主張する東シナ海の島のグループである尖閣島をめぐる潜在偶発事態を考えると、まだ計画を放棄しなかったと消息筋は伝えた。

日本政府の甲信内閣の最高のスポークスマンは月曜日の記者会見で、国防部が連携をどこに配置するかどうかを心配しており、キャンプ・シュワブに配置することを決定していなかったと述べた。

2018年、日本の南西部長崎県佐世保に設立された日本の海兵隊と呼ばれる旅団は、沖縄本島から西に約400km離れた尖閣スのような日本の南西部の遠く離れた島を守るために任務を担っています。

辺野古のキャンプシュワブブワ普天間交換設備が連帯駐留計画を介して2同盟が共同で使用する場合は、中国の抑止力は増加するが、沖縄に大きな負担になるでしょう。

最南端の島県は、日本の土地の0.6%に過ぎないが、米軍の施設が独占的に使用する面積の約70%を占めています。 地元の人々は、米国軍人に関する暴力犯罪と致命的な事故の歴史のために彼らの存在に反対します。

沖縄知事デニー玉木は月曜日の記者たちに、自分の県で連帯を主催するという合意を知らなかったが、住民には「容認できない」と述べた。

消息筋によると、地上参謀局は、2012年旅団の建設計画を策定し始めました。

旅団の3つの650人の連帯をインストールすることを決定し、計画に基づいて、中国のDiaoyuとして知られているSenkakusをめぐる緊急事態にGSDF部隊が迅速に対応できるように計画に基づいて、沖縄に配置されます。

シューボブキャンプに連帯を配置するための秘密協定は、当時GSDF参謀長である岩田清入江将軍と当時沖縄駐留米軍の最高司令官であったローレンス・ニコルソン中尉の間で締結された。

現在、旅団は、2つの連帯があり第三連隊は2023年会計年度に九州に設置される予定です。

GSDFは3個連隊の現在の配置を一時的なもの見てそのうちの一つが、将来的に辺野古に移転されると見ている。

GSDFはまた、Schwabのキャンプに一時的に派遣されることが予想される連帯を沖縄の海兵隊ハンセンキャンプに最初に配置することを検討している彼らは言った。

消息筋によると、双方は、Camp Schwabが連帯を輸送するチルトローター輸送機であるOspreyの離着陸を最大化することができる能力を考慮すると、連帯を主催するのに最適な場所だと判断しました。

キャンプはまた、海上自衛隊輸送船が上陸車を積載することができる容易なアクセスを提供するものであり、両軍がいつでも人里離れた島を守るために上陸訓練を行うことができる環境を造成すると消息筋は語った。

READ  東京都新型コロナ170人の感染を確認し、6人が死亡 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close