日本のHagiudaは、不信任運動がダイエットを溶かすことができると言います。

1 min read

(ブルームバーグ) – 日本の執権自民党の政策責任者は、野党が不信任案を考慮していると、議会が解散して総選挙につながる可能性があると述べた。

Bloombergで一番読む

岸田文雄首相が早期総選挙を呼ぶかもしれないという推測が続く中、萩宇田高一自民党政策研究会長は日曜日のテレビニュース番組でこのように述べた。

日本最大の野党である立憲民主党が今月末、県議会会期が終わる前に岸田内閣に対する不信任案を提出する案を検討していると、教徒通信が土曜日未確認議員たちの言葉を引用して報道しました。

去る5月、日本がG7首脳会議を開催した後、岸田総裁が投票率改善と予想よりも良い経済成長を利用して総選挙を招集する可能性がさらに浮上している。

萩宇田は首相として岸田が議会解散に関する最終決定権者になると述べた。 萩宇田と他の野党代表は、いずれもテレビ番組で不信任同意に同意しないと述べた。

Bloomberg Businessweekで一番読んだこと

©2023ブルームバーグLP

READ  日本、人種差別虐待以後、ゴールキーパーに「全面的な支援」
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours