経済

日本のHoshide、他の人々はSpaceXロケットに乗って宇宙ステーションに向かいます。

ワシントン(教徒) – 日本の宇宙飛行士明彦星にと他の3人SpaceXが開発した宇宙船に乗って国際宇宙ステーションに向かう乗員回転飛行の一環として、金曜日の離陸しました。

The Crew Dragon宇宙カプセルは3回目の有人飛行であるフロリダ州にあるNASAのケネディ宇宙センターから午前5時49分にFalcon 9ロケットに打ち上げました。 以前の任務でカプセルとロケットの一部を再利用したのは今回が初めてでした。

米国の会社であるSpace Exploration Technologies Corp.が開発した宇宙船とロケットは昨年、NASAのISSを行き来する乗組員の任務の認証を受けており、これらの指定を達成した最初の商用システムになりました。

52歳のHoshideは11月からの軌道を回る実験室にいた56歳のSoichi Noguchiに続きクルードラゴンに乗った二番目の日本の宇宙飛行士となった。

二人の日本人は、野口が今月末、他の3人の米国の宇宙飛行士と一緒に地球に戻る前に、ISSで会うことが予想されます。

日本の航空宇宙探査局(Japan Aerospace Exploration Agency)によると、Hoshideは2014年ISS司令官を務めたKoichi Wakata(57)の足跡に続いて二番目にISS司令官に勤務する予定です。

Crew Dragonに乗ってHoshideと一緒に旅行する他のメンバーは、NASAのShane KimbroughとMegan McArthurは、European Space AgencyのThomas Pesquetです。 四人は6ヶ月間の科学任務のためにISSに滞在しています。

SpaceXの人間の宇宙飛行プログラムのシニアディレクターであるBenji Reedは今週の記者会見で、再利用された車両を飛行するのが「飛行信頼性を高め、宇宙のアクセスコストを下げる」のキーと言いました。

READ  日本はイチゴとブドウ模倣品の「いいえ」と言う

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close