日本のIdemitsu、Veccoバッテリーの電力持分をほぼ15%に引き上げる

1 min read

東京、3月24日(ロイター) – 日本2位の精油会社であるIdemitsu Kosan Co(5019.T)がオーストラリアVecco Groupの持分を14.7%に増やし、バナジウム鉱山と電解液プラントプロジェクトへのアクセス権を付与しました。 それは再生可能エネルギーでその存在を拡大します。

Idemitsuは10月にVeccoにプライベート投資をして鉱山にアクセスし、デベラとして知られているプロジェクトを通じて、蓄電池の一種であるレドックスフローバッテリー用のバナジウム電解質を製造しました。

金曜日に、IdemitsuはVeccoへの投資が1,316万オーストラリアドル(880万ドル)に達し、14.7%の持分を持つことになったと述べた。

Idemitsu氏は声明で「今回の投資により、Idemitsuは希少金属事業における知識の習得努力を促進し、再生可能エネルギーの導入に貢献する事業開発を加速させる」と述べた。

Debellaプロジェクトは今年3,500万MWh容量のレドックスフローバッテリー用バナジウム電解質製造工場を稼働する計画であり、今後350MWh以上に拡張する計画だとIdemitsuは付け加えた。

($1 = 1.5013 オーストラリアドル)

Katya Golubkovaの報告。 Barbara Lewisによる編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  日本のワクチンシニア、ゆっくり接種ドライブのための薬物の承認システム非難
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours