エンターテインメント

日本のIIJIMA-Ishou、NFT市場で400点以上の写真作品の展示

YUGAWARA、 日本の2021年6月2日 / PRNewswire / – オン 2021年6月2日、神奈川県西部湯河原温泉街に拠点を置くデザイン会社IIJIMA-Ishou 東京日本写真家として前例のない数である400点以上の作品を、世界最大のNFTマーケットプレイスインopensea.ioに提出しました。

NFTはデジタルアート(ビデオ、画像、音楽など)、ゲームアイテム、デジタルトレーディングカードなどのために発行される「代替不可能なトークン」です。 「トークン」という言葉は、もともと “証拠、お土産、代替貨幣、クーポン、またはギフト券”であり、IT分野では、「何かを証明するデータまたはデバイス “を意味します。

opensea.ioでIIJIMA-Ishouはアートワーク、トレーディングカード、ゲームアイテムなどを説明します。 芸術作品のみ147万人以上のNFTが既に発行されました(現在の 2021年5月27日)が、現代美術の写真はほとんどなく、日本の写真家の作品は、より少なくなります。 opensea.ioの巨大な市場で400個の写真NFTは非常にまれです。 特にIIJIMA-IshouのNFTは写真ごとに一枚に制限されて非常にまれです。

IIJIMA-Ishouは現在、400以上のNFTを提供します(現在の 6月2日)、1990年代以降、撮影された高品質のフィルム写真最新のデジタル写真に至るまでさまざまです。 NFTは「美しい日本の風景 “だけでなく、「現代の日常生活」を提案する作品も含まれています。 日本の」そして「新たな価値に基づく生活 “
https://opensea.io/collection/hinamameki

写真1:
https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106672/202105275478/_prw_PI1fl_06N8R5ez.png

東日本大震災の津波で失われた宮城県東松島市の「夜の松原(松林)」の高解像度白黒写真(1999年撮影)もあります。 2011年3月11日 (高解像度6000万画素、写真27枚に相当)
https://opensea.io/collection/yoge-no-matsubara1999

Photo2:
https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106672/202105275478/_prw_PI2fl_zFTL48y7.png

IIJIMA-Ishouはまた肖像画の権利を尊重しながら、都市の活気を記録した写真のコラージュ(82枚)を出版しました。
https://opensea.io/collection/people-s-daily-life-theme-tatazumai

Photo3:
https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106672/202105275478/_prw_PI3fl_BXj9W6t2.png

神奈川県の田舎の村である湯河原の小さなデザイン会社がその作品を世界に発表し始めました。 IIJIMA-Ishouはopensea.ioを使用して、現代美術の写真の新たな扉を開いた。

ソースIIJIMA-Ishou

READ  レディー・ガガ、日本に応援メッセージをどうやって

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close