スポーツ

日本のInc。は、管理役割の女性の承認にはるかに遅れています。

By Tetsushi Kajimoto

東京(ロイター) – 日本企業のほとんどで、女性が高齢化社会では、女性役員の数を増やそうと、ビジネスラウンジの目標を達成するのが難しいという事実を知ることになり、ほとんどの日本企業の経営で、女性が占める割合が10%未満であるとロイターが実施した世論調査によると。

アンケート調査の結果は、「女性学」と呼ばれる女性に権限を付与するための最大のビジネスロビーケイダンレンのキャンペーンの一環として、リーダーシップの役割で、女性の割合を30%に高めようとする日本の闘争を強調しました。

2020年の世界経済フォーラム報告書で、日本の男女平等の世界ランクは153カ国中121カ国を占めました。

6月3〜14日に実施されたロイター企業調査によると、日本企業の80%以上が女性が経営陣の10%未満を占めると答え、これは昨年と2018年に実施した以前の調査と同様の結果である。

調査によると、回答者の86%が2030年までに目標達成が不可能だと答えました。

化学物質製造者は、「この前まで、私たちは多くの人を雇うしたため、バランスをとるためには時間がかかります」と書きました。

運送会社マネージャーは、「まず、女性の管理者の比率を高めなければならが、企業文化も改革しなければならない」と書いた。

最初に起動し女性職員が極めて少なく数値的目標を設定することは疑問の余地があると企業は、アンケート調査で、日本の男性中心の企業文化の変化を促して育児など、より多くの支援を求めた。

サービス会社の管理者は、「女性が主な職責に昇進することを奨励するように私たちの社会が変わらない限り、不可能である」と書いた。

日経リサーチがロイターのために実施したこの調査では、481個の大規模および中規模の非金融企業を調査しました。 約230の企業が匿名性を条件に質問に答えました。

調査によると、日本企業の36%は、コロナウイルスが数ヶ月以内に需要と供給の影響が中断されることが予想されるが、32%は感染症に起因する改善の兆しを見ていませんでした。 約18%が今中断されたと見て、9%は影響がないと言いました。

アンケート調査の結果は、3月に実施したアンケート調査と同様ました。

(記事:Tetsushi Kajimoto、Editing by Sherry Jacob-Phillips)

READ  セバスチャン・ベッテル、フェラーリF2004の購入を検討しても、「高額すぎる」/ F1ニュース[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close