トップニュース

日本のIntegricultureは、培養肉のコストを削減するために共培養技術を推進しています。

培養肉部門のコスト削減と価格等価性の最大の障害の一つは、細胞を肉に成長させるために必要な成長因子の高コストで長く認識されてきたが、日本に基づくIntegricultureはこれがCulNet共同文化システムと。

「共培養アプローチは、さまざまな種類の「フィーダー細胞」を使用して、独自の個々のフィーダーバイオリアクター内で所定の位置に成長因子を生成し、これらの成長因子を培養血清として標的細胞に供給する方法です。 例えば、標的細胞バイオリアクターから肉を産生する筋肉細胞、Integricultureの創設者でありCEOのYuki Hanyuは、最近Cellular Agriculture:Asia Summit 2022でCulNetシステムを公開し、聴衆に話しました。

「個々のフィーダーバイオリアクターの条件は、細胞間相互作用をオンまたはオフにするように制御することができ、標的細胞の異なる成長段階を刺激するために異なる時間に特定の培養血清を作るために異なるフィーダー細胞の組み合わせが生成され、 から 増殖、分化、肉などの特定の組織への組織化など。

「重要なことに、私たちの研究は、これらの共培養血清が成長因子の伝統的な供給源である小胎児血清(FBS)を使用するよりもはるかに効果的であることを示しています。栄養細胞も非常に長い間活性を維持でき、それぞれの単位は、約500単位の標的培養細胞を供給することができる。

「このシステムを使用すると、羊肉からクジラ肉、虎の肝臓まで、あらゆる種類の標的細胞を成長させることができます。目的の標的が何であれ、成長するためのフィーダー細胞。」

READ  日本の選手、冶金冶金銀メダル交換

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close